「心のブロック」を溶かす必要性♪


自分の心を喜ばせる方法♪

「うまく人をほめられない...」。
そんなときは、自分の心をチェックするチャンスです。

そうとはいえ、なかなか人をほめることができないこともあります。
それは、自分の心の中にブロックがあるからなのです

まずは「私なんかがほめたって、迷惑に思われるかも...」。
このように、自分で自分を卑下してしまっている場合。
これは、自分に自信がないので、自分がいうことにも自信がないということです

そして、相手にもいい思いを持ってもらえないだろうと思ってしまう。
なので、なかなかほめる勇気が出ないのです。
saya160104374783_TP_V

「ほめること」というのは、相手をほめることによって自分をほめることになります
その気持ちは、自分に自信をつけることでもあります
ほめるところが見つかったら、ほめたほうが自分の心が喜ぶのです

「ほめる」といっても、「スゴイですねぇ~」と大袈裟にいうことだけではありません。
さりげなく、けれどもグッとくるほめ方というのはいくらでもあります。

また、相手に苦手意識があるときも、その人をなかなかほめられないものです。
たとえば、ライバル的な存在で、苦手な同僚がとてもステキなピアスをしていた。

「自分もピアスが好きだからわかるけど、石の質もいいし、センスもピカイチ」。
こう思って、「ステキね」といったら、こう返してくると思ってしまう。

「あら、わかる?そうなの、これは高くて、彼からのプレゼントなの」。
こんなふうに相手を調子づかせてしまって、自分が負けたみたいで悔しい...。
TAKEBE160224330I9A0644_TP_V
そのように思うと、「ほめるものか!認めるものか!」という心理が生まれてきます。
けれど、ほめるということは、「相手が上で、自分が下」とすることではありません
自分が負けることでもありません

ほめることは、相手のよさを認めて、認めた自分を誇らしく思うことなのです
ほめ上手な人は、人間力のある人といえます。

「自分が負けるんじゃないか」というような気持ちを乗り越える。
「ライバルを認めて、ほめることができる」
それだけで「人間力が高い」ということになります

「負けるが勝ち!」るという言葉があります。
相手を認めることができるほど、自分がステキになるのです

ほめられないときもあるでしょう。
そんなときは、「自分に自信がないんじゃないかな?」。
「相手を苦手と思っているんじゃないかな?」と、自分の心をチェックしてみてください。

「ほめるほど、自分の心のブロックが溶けていくんだ」ということを思い出しましょう
人をほめることで、自分のことも好きになれるのです。

saya160105492952_tp_v
好きな物、良い物を人に勧めることにはあまり抵抗がないと思います。
逆に、苦手な物、イマイチと思う物は、人には勧めないと思います。
チャットレディさんは、自分が商品です。

自分が大好きで自分に自信を持っていたなら、お客様に堂々と自分をアピールできると思います。
これを機会に自分が素直に人をほめられるかどうか?
ぜひチェックしてみてください♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム