気配りに「心配り」を添えて♪


「いい女」は気配りだけでなく「心配り」もできる♪

ルックスに自信がある人には落とし穴があります。
容姿の美しさは年齢を重ねるにつれ必ず衰えていきます。
これは覆しようもない事実です。

10代20代の頃、周囲からちやほやされてそれに甘んじてしまう。
すると、若い後輩にその地位がスライドしていた、などという悲劇が訪れます。

一方で、「いい女」と他者から思われる人に、年齢は関係ありません
容姿の美しさが安定した世代のほうが「いい女」は多いかもしれません。

「いい女」の基本条件は、「外」だけではなく「内」の魅力を備えた人なのです
その人がいると周囲も自然と幸せになったり、元気になる
ほかの人から見て魅力的だな、「いい女」だなと思われる状態です

女性

では、「いい女」と他人から思われる人の「」の魅力とは何だと思いますか?
それは、「気配り」はもちろん「心配り」ができる人です
「気配り」と「心配り」、どう違うのか、それぞれ例をあげましょう。

相手がのどが渇いた状態になった様子を感じ取る。
のどが渇いたことを相手が実感してから水を出してあげるのが「気配り」です

のどが渇く前に、そう強く自覚しない前に察知して出してあげるというのが「心配り」です
「心配り」は慣れないと難しいかもしれません。

相手を観察しているだけでなく、もう1歩相手に踏み込む。
そして、観察力を駆使しないといけないからです。

ただ、「気配り」でなく「心配り」ができる人がいると、その場はとてもうまく回ります
誰もが幸せな気分になる。
「心配り」をする人自身も、です。

PAK85_mizuwoireru1159_TP_V

飲み放題のお店を例に考えてみましょう。
お客さんのグラスが空いてから注文を聞くのではちょっと遅いです。

その少し前、空きそうかなというタイミングで聞くのが「心配り」。
そうすることで、お客さんもすごくいいサービスを受けているという気持ちになれます。

家で、会社で、学校で....。
どんなシーンでも、どんなシーンでも、どんな相手にも「心配り」は有効です

実際やってみるとわかりますが、「心配り」は自分にとって面白いものでもあります。
相手の求めることを想像してとった行動がうまくハマってよろこんでもらえる。
これは、単純にとてもうれしいものです。

いろいろ試していると、そのうち心を配る対象=周囲の状況が見えるようになってきます
この場所で求められていること、自分のとるべき行動が自然にわかってくるのです。

ITOU85_kanpai20150221173656_TP_V

これはつまり、自分を客観視できるようになったということでもあります。
苦手だった相手も、その立場や状況を想像して対応することで、苦手意識が消えることもあります

「いい女」とは、「心配り」のできる人
相手も自分も同時に幸せにできる人のことです

普段は空気のようにわかりにくいけれど、いなくなるとはっきり不在が感じられる
しかし、見る目のある人であれば、あなたの価値に必ず気づいてくれるはずです。
存在感のある「価値」を感じさせれるチャットレディを目指しましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム