「気づき力」持っていますか?


ハッピーへのパスをする♪

「今」は「与えられた条件」です。
今、自分はどうしたらいいかとマナーで迷ったとします

そうならば、その場にいるみんながハッピーになれるやり方を選ぶことです
その場にいる人や状況が違うと、正解は変わります。

たとえば、隣のテーブルでグラスをガシャンと落とした人がいます。
その時は、「何も聞こえなかった」で、無視したほうがいいのです。
それに対して、ビクッとして「エッ」と大きいリアクションをとる人がいると困ります。
TAKEBE_micyatta_TP_V

誰かが見ると、お店の中の人が見ます。
セクシーな人は、見もしません
何事もなかったのように、片づけることがわかっているからです。

自分がワイングラスを落としてしまったとき。
大騒ぎする必要はありません。

お店の人がさりげなく片付けます。
ましてや自分が片付けないことです。

自分が落としたので責任をとらなければと思い込みがちです。
お客様にそんなことをやられると、お店の側からすると最も迷惑です。

「カッコいいマナーを私は知っている」という人は、自分はいいカッコをします。
ですが、全体はハッピーにならないのです。

ワインを飲む時、うんちくを延々語り続けることはマナー違反です。
場が楽しくありません。
pak86_torinosuakashiro20130825-thumb-autox1000-17027
みんながうんちく話に閉口していることに気づけない。
その原因は、その人の気づき力のなさです

今どうすればみんながハッピーになるか?
気づく感度を敏感にしていくことです

最大限この場の空気をハッピーにするには自分はどうしたらいいだろうか?
ということを考えるのです。
それはこびることではありません。

マナーと勘違いしやすいのは、こびることです
自分を曲げてやるべきではないということです
自分の軸を失うことはなく、無限に他者を思いやるのが、共感です。

自分を犠牲にする人は、共感できなくなります。
自分がなくなるからです。

自分が正しくて相手が間違っていると思っても、共感できません。
相手の軸がないので、「相手が間違っている」「なんであの人はわからないんだろう」。
となります。

常に、みんながハッピーになるためのパスの行動をしていくことです
時にはじっとしていること、時には黙っていることがハッピーへのパスになります。

自分はこの場でどういう立ち居ふるまいをすれば、その場全体がハッピーになるか
それを考えることが大切なのです

フラワーハート
よくレストランで、お店の人にクレームをつけている人がいます。
食べている時に、クレームはつけないことです
食べている人の気分が悪くなるからです。

そういうクレームは、その場で言うことではありません。
お店のために言ってあげるなら、別の場所で言うことです。

食べている時にクレームを言っている人で、オーラを感じる人は1人もいないのです
「一緒にいる人が、ハッピーになること」をするのがマナーなのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム