「切り替えスイッチ」の必要性♪


切り替えスイッチを持とう♪

休み時間にしゃべっていて、仕事が始まってもしばらくしゃべり続けている。
そんな人がいます。

仕事中に、面白い話にウワーッと盛り上がった時。
そして次の話に入った時にすぐ聞ける人。
逆にさっきの話を引きずっている人がいます。

「そういうことあるよね」と、オバ様トークが切れないのです。
盛り上がっていいモードと、まじめに話を聞かなければならないモード。
その切りかえができないのです。
ME_biz20160902385615_TP_V

会議でも、雑談モードとまじめモードの2通りがあります。
切りかえができないタイプは、その流れに乗っていけません。
これが「遅い」という状態です。

しりとり式に話ができる人は、好感を持たれます。
持ってきた面白いネタを捨てて、パッと切りかえられます。
自分のネタは早く捨てて、前の人の話を受けていく習慣をつけることが大切です

これは意識の持ち方です。
変えられるのは才能ではありません。
切りかえのスイッチを入れるのは、自分でしかないのです
SAYA072162733_TP_V

ダメだとわかったら、すぐリセット。
毎日変化している人は、変化がラクになります。
ところが、たまに変化しようと思う人は、やればやるほど動かなくなります。

重くなってしまうのです。
変化はリズムです

ポンポン変えてリズムにうまく乗ることができる。
すると変えることになんのエネルギーもいらなくなります。

ここで省エネができます。
「よし、変えるぞ」というエネルギーがいらないのです。
「よし」と言った時点で遅れているのです。

変化は、スッとやるのがベストです
「こういうのをやってみせんか」と言われたとします。
そのときに「ダメモトでやってみよう」と、スッとできるかどうかです。

「なんとしてでも」となると、それがうまくいかなかった時。
変化の第2弾が続かなくなります。
「ダメならやめて、また次のことを考える」というぐらいでいいのです
SAYA072162920_TP_V

ムダな時間を使っている人の共通点は、締め切りを相手から言われることです。
これも習慣です。

締め切りを相手から言われる人と、自分から言う人とに分かれてます。
速いのは自分から言う人です。

「これやっといて」と言われた時
「明日までやります」「今日中にやります」「何時までやります」
このように自分で締め切りを言う習慣をつけます

相手から言われなければよしとするのは、スピード感のない人です。
同じ「明日」でも、相手から与えられるとストレスになります。
自分から言うと、ストレスにならないのです。

me_biz20160902492115_tp_v
仕事を頼まれたら、最初にやるべきことは、自分のスケジュールを相手に出すことです
「スケジュールを出して」「いつまでにできる?」と言われたら、その時点で負けです。
スケジュールを、自分で出す習慣をつけましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム