365日「キレイ」の持続♪


毎日キレイでなきゃダメ?

美容にとらわれた人は、だいたいこんな風に自分を責め立てがち。
365日キレイでいなければいけないの、と。
確かに女性は、キレイでいたほうがいいに決まってます

キレイでいる自分が嬉しかったりするから、基本はキレイに生きるべきです
でも、だいたいキレイでも充分といえないでしょうか。

キレイでない日があったとします。
大切なのは、キレイになろうと、いつでもどこでも簡単にキレイになる技を持つということ。
それはスキンケアを大切にすることです

肌をふくらます」「肌色の明度をあげる」「つやを作り出す
この3つのことをちゃんとできていれば、どんなシワも必ず戻るはず
スキンケアとはその為に存在します

肌がやせたら、洗顔を減らす

肌状態が悪いのは洗顔が足りないのかも?と思う女性も多いはずです。
そこで、洗顔に力を入れすぎると、ますます状態が悪くなることも考えられます。
メイク落としはきちんとおこない、洗顔料をしっかり使っての洗顔方法を減らしてみる

ダブル洗顔は毎日しないという考え方です。
朝の洗顔も日によっては、水だけですますというやりかたを取り入れてみる。

洗顔は確かに大事な基本です。
でも、あまりそこに力を入れすぎると肌には逆効果ということです。

潤いを与えるために肌への水分補給も必要不可欠
そして、肌もそれぞれ個性を含んでいるものなので、色々試してみるのもよいと思います。
皮脂を取り過ぎ、角質までも取りすぎないように注意しましょう
AI_IMG_7769-thumb-815xauto-12528

洗顔後3分以内に潤いを。

水分の蒸発の速さは意外に早いものです。
たとえば洗顔によって、肌を無防備な状態にしたとき。
肌の水分が逃げていくまでには、肌質や環境によって4~5分と言われてます。

何も補わないまま放置したら肌は、その場で乾いていくのがわかります。
それを防ぐために洗面所に化粧水を置いてすぐに、乾燥ストッパーをすることが大切。
一にも二にもすぐに潤いを補充しましょう。

化粧水好き」は肌が格別キレイと言われてます。
乾いたら塗り」「乾いたら塗り」を念入りに繰り返す。
これが、肌にハリを与えているのです

単純に肌は、潤いを入れれば入れるほど肌にハリが生まれるということです。
なので、化粧水は誰よりもたくさん入れるつもりで染み込ませましょう
AI_IMG_7679-thumb-815xauto-18074

今は、安いものでも優れ物がたくさん出ています。
ぷりぷりの弾力肌の持ち主になるのも難しくない時代です。
夏の太陽に照らされ疲れ気味の肌に、潤いというサプリを注入しましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム