「嫌われない」会話法♪


人気を落としてしまう話し方

話が熱を帯びてきたときになぜか話の腰を折る人がいます。
人の話は基本的には最後まで聞くものです
それができない人も少なくありません。

我慢ができない性分なのか、人の話を聞くのが嫌なのか。
理由はいろいろあると思います。
とにかくじっと相手の話に耳を傾けることが苦手なことは間違いないでしょう。

確かにあまり長い話にうんざりすることはあります。
同じことをクドクドと言われたら、誰でもそれを我慢するのは難しいでしょう。
そのようなときには何らかの意思表示をすることが必要です。

問題は頻繁に話を遮断する、相手の話の途中で割り込んでくる場合です。
例えば、ある話をしている最中。

「それはそうと、先日、話した件はどうなりました」。
あるいは「それはそうと、今度いつ来ていただけます」。
などと言われれば、相手は白けてしまうし、せっかくの場の雰囲気も壊れてしまいます

一生懸命、話していた相手の気持ちも失せます。
「この人とはもう話したくない」と心のなかで思うに違いありません。

YUKA862_megane15205354-thumb-815xauto-18585
一度や二度なら我慢できても、それがたびたびであれば会話は成り立ちません。
このような人のことを話の腰を折る名人と言ってもいいでしょう。
そのようなことをする原因は二つ考えられます。

一つが【自分の話のほうが面白いし、相手よりレベルが高い】から。
もう一つが【じっと相手の話を聞いていられない。興味のない話に耐えられない】から。

これでは人に好かれることはないし、モテる人にもなれないでしょう。
話し方の基本として、相手の話が面白くなくても、一応、最後まで聞かなくてはいけません
そして話が途切れたのを確認してから自分の話を始めましょう

それができない人は精神が未熟のことが多いのです。
おそらくそのような人は何をやっても中途半端に見られるかもしれません。
また周りからも一人前とは見られないでしょう。

人の話は区切りがつくまで待ち、それから話を始めることです
相手の意見に反論したりわざとペースを崩すとき以外は会話の基本です。

とはいえ、会話が盛り上がって来たときはついつい途中に言葉をはさみたくなるものです。
それはそれで悪いことではないと思います。
しかし、相手が真面目な話をしているときは、最後まで話を聞くよう心がけましょう。
150912495672_TP_V
普段は崩れた会話をしていても真面目な話をするときもあるでしょう。
そのときは、相手の話をじっくり聞くようにしましょう。
そのような姿勢だけでもチャットレディとしても人気者でいられる要素です♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム