無理が「緊張」を呼びよせる!?


無理しないほうが好かれる理由♪

自分にとって大切な人、重要な意味を持っている人を目の前にすると、緊張する。
また、変に意識してしまって不自然なやりとりになってしまう。
このような悩みを抱えている人が多いものです。

何ごとも始めてのことにチャレンジするときは緊張がつきまといます。
多少の緊張も必要ですが、あまりに度を越すといろいろ支障が出るものです。
kawamura1029IMGL4398_TP_V

緊張をほぐす手段としてイメージトレーニングが有効です
全身が映る鏡の前で自分の姿を見てみましょう。
自分自身のイメージをより客観的に、はっきりとさせるのです。

ただのリハーサルよりも緊張感があるので、本番の雰囲気を想像しやすくなります。
リハーサルで感じたものと同じような緊張が、本番で差し引かれる
そうすることで緊張が和らぐという仕掛けのようです

その他に、心の持ち方で緊張を緩和することを考えてみましょう
私たちは、よりよく生きたい、軽蔑されたくない、認められたい。
などとさまざまな願いを抱いて生活しています。

緊張する人の多くは、完全主義的なところがあって勤勉です。
そして、実際よりも自分の実力を低く評価する傾向があります。
なので、頼りない自分の気持ちを素直にまわりに表せない場合も少なくありません。

これらの人々は、外見上は強く見えるように努力します。
かえって窮屈な生き方に自分を追い込んでしまうことになりがちです。
HIRA85_kamibukurokaraderesou_TP_V
しかし、実際以上に見られるということがあります。
それは評価は高いけれども実力が伴わないということにほかなりません。

これでは、どこかに無理がかかって当然です。
その無理が、プレッシャーになり、過度に緊張するという結果につながっていくのです。

そもそも、他人からの評価というものは、時や状況によって大きく変わります。
その絶対ではない評価に振り回されないことです。
むしろ大切なのは、自分が納得し満足することにあるのではないでしょうか。

自分の実力以上の評価は望まないことです
それより、肩に力が入りすぎて自分の実力を十分に出せないほうが、残念なはずです。
何かに挑む前に精一杯の努力があれば、あとは、あるがままに表現するだけです

また、リラックスできないと焦るのも、禁物です
緊張から逃げようとする気持ちがプレッシャーになり、かえって緊張してしまいます。

無理に緊張を解こうと思わないことです
「緊張しているな」「緊張するのはあたり前」
このように素直に緊張する自分を受け入れてみましょう

とらわれない心でいると、緊張感は消えていくものです。
そして、完全を追求しないことも大切です

人間なのだから、失敗があって当たり前です。
「完璧でなくてもよい」「今は一生懸命頑張るだけ」と考え、先々まで考えるのはやめましょう。
smIMGL4136_TP_V
無理のない自然な態度で何ごとにも臨むことが大切です。
あなたの考えていることが、話を聞いている人に、よりわかりやすく伝わるはずです。
チャットレディ初心者の方はぜひ参考にして緊張を和らげてください♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム