長所も「欠点」になり得る!?


男性が嫌うこと、女性が嫌うこと

知り合った当初はいろいろと気を配っている恋人...。
親しくになるにつれて遠慮がなくなりがちです。

ある女性は、交際半年目にして彼との交際を続けていくこと。
それに疲れを感じ始めていました。

その彼は、明るく積極的で、エネルギッシュな男性です。
最初はそんなところが頼もしく思えていたのです。
ですが、何かにつけて教えたがることに彼女は不満を抱くようになったのです。

「君の話を聞いていると、反省がないんだよね」。
「何でもいいじゃなくて、食べたいものを素直に言ったほうがいいよ」。
「自分の意見を言う時は、遠回しにじゃなくて、率直にね」。

すべてがこんな調子では、会話も楽しめません
父親か学校の先生と一緒にいて、いつも説教されているような気がして来ました。

彼は独立心が旺盛で、向上心が高く、どんなことでも粘り強く努力するタイプ。
それはそれでいいのです。
ですが、部下や後輩、恋人にまで、つい自分の考えを押し付けてしまうクセがあるのです

IMGL8662171031_TP_V

長所が欠点に見える瞬間とは?

人間が持っている欲求の一つに、「社会的欲求」と呼ばれるものがあります。
その中の一つが、人の上に立ちたい、人を自分の思い通り動かしたい「支配欲求」です。

男女を比較すると、やはり男性のほうが圧倒的にこの欲求が強いのです。
人間の性格は、生まれつきの素質に、後天的な影響も加わって形成されます

人によって欲求の度合いは異なります。
ですが、企業のトップやワンマン社長などは支配欲求が強い人が多いようです。
IMGL8782171031_TP_V

一般に、女性は尊敬する人から指導されることを好む傾向があります
もし、彼女が服従型の女性なら、支配型タイプの男性を見た場合。
「いつもリードしてくれる彼が頼もしい」と思うに違いありません。

支配欲求の強い人は頼みごとやおだてに弱いものです
それに甘えて、ささいなことでも相談すれば、二人の関係も良好かもしれません
しかし、すべての女性がそうとは限りません。

人が相手を好きになるのは、長所がいいと思えるからです
嫌いな人に対しては短所を嫌っていることが多いものです。
押しつけがましいというのは、裏を返せば、世話好きで頼りがいがあるということです

ですが、彼女にとっては、「押しつけがましい」という短所に映ってしまったのでしょう。
このように、長所だと思っていた面が、見方を変えれば短所に見えてくることがあります
また、その逆もあり得ます。

「どうしても我慢できない」というならば、おそらく相性がよくないことは明確です。
ですから、次の相手を探したほうが、お互いにとっていいかもしれません。
smIMGL4099_TP_V
人が人を好きになるのは、長所がいいと思えるからです
しかし、長所は、人によって短所と見えることもあります
じっくり時間を掛けて短所も長所と思える素敵な出会いを見つけましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム