「警戒心」をうまく利用してみる♪


適度な警戒モードが好印象を与える♪

男性と顔を会わせてすぐの時間帯はなにかと緊張するものです。
どう振る舞えばいいか困ってしまいます。

会話を始めてまもなくぐらいにおける理想的テンション。
それは、ずばり「ちょっと警戒している女性」です。

男性は「最初は警戒していた女性が打ちとけてくれたとき」。
いい子だなぁ」と好印象を持ちます
心を開かせたことに達成感を感じ、自分のトーク力を誇らしく思えるからです

ですから、最初は無理にテンションを上げるのは押さえてみましょう。
適度に緊張してふつうに警戒しているぐらいでちょうどいいのです

もちろん過度な警戒はよくありません。
笑顔」「顔を見て話す」「相手にきちんと興味を持つ」。
といった最低限の気づかいは忘れずに

それ以外は少しうつむきがちだったり、男性のほうをチラチラ見たりでOKです。
「乗り気ではあるけれど緊張している」「楽しみであるけれどまだノリノリになれない」。
という極めてまっとうなテンションを示すことができます。

そのあたりの機微を察しないで、「なになに~、ノリ悪いね」と言われたとき。
「なんだか緊張しちゃって....」と返せばOKです。

男性としても悪気があったわけではないはずです。
「そうだよね~、緊張しちゃうよね~」とにこやかに場を和ましてくれるかもしれません。
150912275732_TP_V

ここで「いや、別に....」とつっけんどんにバリアを強化してしまう。
「え~!?そんなことないですよ~」と声を上ずらせる必要はないでしょう。

可愛い動物を眺める子供のような視線で、相手の男性をじーと見るというのもおすすめです
視線に気づいた男性が「なに?」とはにかむでしょう。
なんだかすごい見られてるんだけど」とリアクションしてくれればしめたものです

緊張を紛らわすために、共通しない世間話をするのは考え物です。
相手の男性も黙りがちな場合は、適度に話題を振ってあげましょう。
「どんなことが趣味ですか?」「お酒は飲まれますか?」と話を振りましょう。

あとはまた様子見に戻ります。
「クールぶっているわけではないけれど、ふつうに緊張してます」。
という適度なバランスは、「この子はちゃんとした子だ」という評価にもつながります。

2つのハート

適度な警戒はOK、しかし挙動不審に見られてしまわないように気をつけましょう。
チャットレディのお仕事に慣れた方も、毎回同じ会員様ではないと思います。
なので、初めての会員様にはこのテクニックは有効なのではないでしょうか。

もちろん、初めてチャットレディをする方は、自然に警戒心が出るかもしれません。
先に述べたように、過度の警戒心には注意しましょうね♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム