「可愛い言葉」はさりげなく♪


あなたはさりげなく「可愛い言葉」を言えますか?

男性が「可愛いな」と思う一言はズバリ、「あなた色に染まる」という一言。
というのは、もう時代遅れの言葉なのかもしれません。
でも、その意味に込められてる女性のいじらしさは永遠でありたいものです。

例えば、男性が「俺は白い下着が好きだ」と言ったら。
「最近、私白いのを集めてるの」と言ってみる。

相手がビートルズが好きだったとしたら。
「私も、ビートルズを覚えたい」という具合。

「好き」という言葉の代わりになるセリフが男性に喜ばれます
日本人は「好き」とか「愛している」とか言われるのに照れがあります。
だから、それを違う言葉で表現することが大切です

あじさい

男性が何か趣味を持っていたら、すぐにそれに反応することです。
音楽が好きで、いつも何かを聴いていたら「聴かせて」。
文学が好きで、小説を書いていたら、「読ませて」。

スポーツが好きなら、そのスポーツを「教えて」。
料理が得意は彼なら、「食べさせて」。

逆に可愛さがないのは、叱ると逆ギレしたり、反論する女性。
例えば、男性が好きなタレントの悪口を言ってしまう。
彼にとっては憧れの人なのだから、悪く言うのはやめましょう。

これは女性でも同じはずです。
自分が好きな俳優の悪口を言われたら、ムキになりませんか。
これはある意味可愛い嫉妬とも言えるので、時々なら刺激になるかもしれません。

そして、おばさんくさいセリフ。
男性は、女性には永遠に若くいてもらいたいものです
いきなり政治的な屁理屈を語りだしたら、男性は一気に冷めてしまう可能性が..。

政治の話がいけないわけではありません。
それは、お互いの考え方が尊重できるようになってからでも遅くはありません。
追い打ちをかけるように「今度生まれ変わったら、男になりたい」の言葉もNGです。

自分のことを「ちゃん」づけで喋る女性がいます。
そういうキャラクターなら、彼の前だけなら許されるかもしれません。
でも、相手構わずに自分に「ちゃん」づけは、大人の女性ならば気をつけたいところです

男性からすると、くだらないことでムキになるのも、時々なら可愛いものです
例えば、彼にプリンを食べられてしまって「あたしのプリン食べた」と怒るとか。

それも時々なら有効です。
それを、頻繁にやってしまうと、男性をイラっとさせてしまうかもしれません。

N112_sonnabakana-thumb-815xauto-14450

男性が絶対に言わないような言葉は、「可愛い」と思われます
逆に、男になろうとする言葉は、引かれるので避けましょう

男性が弱くなっている時代だからこそ、強くさせてあげられる女性でいましょう。
チャットレディのお仕事の最中はとくに、そこに意識を強く持ちましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム