「賢い女性」の話し方♪


「人それぞれのフィルター」を侮らない

人というのは、「人からほめられれば、嬉しいもの」。
「自分をほめてくれた相手を良く思うもの」...これが常識です。
ところが、その常識が当てはまらない場合が少なからずあるのです

自分は相手をほめたつもりで言った言葉。
なのに、「相手は逆にムッとしてしまった」「相手は落ち込んでしまった」。
このような経験がありませんか?

この様な会話のやり取りを例にしてみましょう。
「おまえ本当に美人だよな。【おまえの彼女って美人だよな】って、言われるんだ」。
「外見ばっかで中身がないってこと?失礼じゃない?」。(怒ってしまった)

「○○さんって、すごく若く見えますよね」。
「いつも幼く見られてしまって...すごいコンプレックスなんです」。
(相手が暗い雰囲気になって、気まずくなってしまった)

「○○さんはいいわね。旦那様がエリートで、ほんと、うらやましい」。
「別にエリートだかって結婚したわけじゃないんですけど!」。
(よくわからない理由で、なぜか怒っている)

TAKEBE_micyatta_TP_V
こういうのは意外とよくあるケースです。
もちろん、これぐらいのレベルなら、「せっかくほめたのに、なんでだろうー」。

「そんなつもりじゃなかったんだけどなー」。
「ちょっと変わった人だなー」ぐらいに思うぐらいでしょう。

理想的な会話のやり取りの例です。
「もちろん、いちばん好きなのは内面だよ」。
「相手が美人だからって、こんなに長くつきあえるわけないだろう?」。

「そうですか、若く見えるのはうらやましい」。
「でも、逆に悩むこともあるんですね。難しいところですね」。
「そうですよね。では、○○さんは旦那様のどんなところがよくて、結婚したの?」。

このようにフォローをしておけば、必要十分でしょう。
ただ、ここで知っておくこべきことがあります。
「人にはそれぞれ特有のフィルターがある」ということです
3花びら

簡単にいうと、人にはそれぞれ特有の考え方、価値観、意見、過去の経験があります
そのため、相手が発した言葉や話した内容に対する受け止め方も、また人それぞれ違います。
あなたがした話は、相手のフィルターを通った後に相手に届きます

相手の年齢がすごく上.すごくしたとか、性別が違う人と話すとき。
また自分とは異なる業界の人と話すとき。

「認知フィルター」の存在をかなり意識して話す必要があるでしょう
しかし、普段の会話においても、人それぞれ受け止め方が違うものです。

どうしたら、自分の意図したとおりに相手に伝わるのか?
もし意図したとおりに伝わらなかったらどうすればいいかな?
このような発想をほんの少しでも持っておきましょう

saya160104374783_TP_V
それだけで、あなたのコミュケーション力は飛躍的に向上するのです
チャットレディさんには、コミュケーション力は武器になります。
ほめることは簡単そうで誤解を招くこともあるので「認知フィルター力」をつけましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム