その「カラーメイク」間違っていない?


カラーメイクの奥義を知ろう♪

東洋人の肌は色白であっても黄色が含まれています。
ですから、欧米人に似合う色と東洋人に似合う色は明らかに異なります

たとえばアイシャドウの基本の色に捉えているミカン色。
オレンジ色とは違う「ミカン色」です。
和の色とも言えるこの色は黄味と赤味をブレンドしたものです。

黄味が肌と同化し、赤味が血の気と同化して、東洋人の肌色とよく馴染みます
ブラウンメイクは、午後になると色がくすんで顔が疲れて見えることが多いものです。
それを解消するため、レンガ色やくるみ色にも赤味を少し入れてみてください

それによって、くすんで見えることなく肌の色に馴染みます。
なのでどの色をつけても似合うようになっています。

口紅も同じです。
ベージュは肌のくすみを強めてしまいます。

年を重ねるほどに余計似合わなくなっていくと言われています。
ですが、それはベージュという色の中にある暗みに肌の色が引っ張られてしまうからです。

その暗みを抜くために、黄味と赤味と白の顔料のバランスを、徹底的に吟味します
すると、くすまないベージュを実現できます

yuka522033_TP_V

パールはいる?いらない?

だいたいのアイシャドウにはパールが入っています。
パールの欠点があります。

パールはつけた瞬間はきれいでも、時間の経過で皮脂と汗でくすんでしまいます。
そして、ムラになり美しくないからです。
また東洋人の顔を腫れぼったく見せてしまうのです。

華やかな場所であれば、ときにパールやラメで楽しむのもいいことです。
ですが日常の顔をきれいに見せるためのメイクにパールは最小限でいいかもしれません

yuka522036_TP_V

真の黒は少ないほうがいい

黒はとても存在感の強い色です。
それに黒に近い色の髪と瞳をもっているのが東洋人です。

顔の中で黒をいばらせてしまうと、顔を古臭く見せてしまいかねません。
ですから眉に使う色も真の黒意外の色を選んだほうがううでしょう。
真の黒はマスカラ以外には使わないほうがいいのです

骨を無視した眉づくりはあり得ない

眉の描き方で顔立ちや顔の雰囲気を変えることは可能です。
でも、骨を無視して勝手に眉を作るのはいけません。

骨を基準に、少し上に描いていく、少し下に描いていく
そうやって作っていくのが眉づくりでは大切です
yuka522039_TP_V

目尻三分の一がポイント

目元を立体的に見せ、顔をほっそり見せるためのポイントがあります。
目尻三分の一にアイシャドウを入れてみましょう。

東洋人の顔はどちらかというと平面的なつくりです。
全体にベタ塗りしてしまうと、余計まぶたが腫れぼったく見えてしまうのです。

欧米人のような彫りの深い顔立ちと同じ塗り方はタブーです。
代わりに目尻三分の一の法則を忘れなければ、欧米人のようなメリハリが生まれます
目が妖艶でミステリアスになります

aoime
メイクの色づかいで印象がガラッと変わるものです。
ぜひ実践してみてください♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム