「感謝.感激」は惜しみなくしよう♪


「感謝」こそ、最大級のほめ言葉♪

「感謝」とは「お礼を伝えること」。
なので「ほめ言葉」とは違うと思うかもしれません。
しかし、「感謝の言葉」というのも、立派なほめ言葉です。

感謝」というのは、「相手が価値あることをしたと認め、たたえる」
こうした最大級のほめることなのです

ありがとうございます
何かをしてもらった時にいう言葉です。

けれど、特別なことがあったときだけでなく、些細なことがあったとき。
どんどん「ありがとうございます」を使っていきましょう

たとえば「貴重なお時間をいただき、どうもありがとうございました」。
出会った時の締めくくりに使うのです。

接客がうまくいかなくても、この言葉を伝えることは、相手への気遣いになります
礼儀正しい好印象を与えることもできます
ありがとう

おかげさまで
この言葉も、たくさん使いましょう。
「元気?」と訊かれたときも、ただ、「はい、元気です」と返すのはやめましょう。

おかげさまで、元気です!
こういうだけで、聞いた相手は、自分は何もしていない。
けれども、それに貢献できたような気がして、うれしくなるのです。

「うまくいった?」と訊かれたとき。
「はい、おかげさまで!」
こういうと、印象がよくなります。

感激しました
感想と感謝の気持ちが両方込められた言葉がこれです

何かしてもらったとき、「ありがとうございます」。
これではあたりまえ過ぎると思ったら、この言葉を使いましょう。

素敵なレストランを紹介してもらったとき。
「ありがとうございます」といったあとにこう言いましょう。
「こういうお店捜してたので、感激しました!」と付け加えましょう。

日常で、「ありがとう」は聞くと思います。
しかし「感激する」というようなインパクトのある言葉はそうそう使われません。
「自分がやってあげられた」と思い、相手はすごくうれしく思ってくれるのです
MAX98_kazokugahueruyo20140531_TP_V

感動しました
「感激」よりももっとうれしいときに使ってみましょう。
紹介されたレストランの意見を訊かれたとします。

「あんな素敵なレストランがあったなんて、感動しました!」
といわれたら、相手は「教え甲斐があった。喜んでもらえてよかった!」
こう思うことでしょう。

年上の相手が「おごる」といってくれたとき。
自分も代金を出そうとか、あとで金品でお返ししようとは、あまり考えなくてもいいのです。

ただ、できるだけポジティブな感想や、感謝の気持ちを伝える
そうして相手を喜ばせることが、一番のお返しになります
感謝上手になって、自分も相手もハッピーになりましょう。

バルーン
チャットレディさんは、お客様がついていただけるだけでも感謝ですね。
ぜひ、その気持ちを素直に表現していきましょう。
「感謝のほめ言葉」は最大のマナーでもあるのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム