男女の「感性」の違いを知る♪


男性と女性の感性のギャップをうめる♪

女性は男性よりも、細やかなことに気づく感性を持っています。
たとえば、女性にとってメイクはとても重要なことです。
でも、男性からすると、アイシャドウの色が違っていても、はっきりとわかりません。

また、あなたが疲れていて無理をしていたとします。
男性は、あなたが無理していることに気づかないかもしれません。
女性は自分の鈍い感性をもとに男性を判断してしまうことがあります。

男性に気づいてもらえないとき。
「愛されていない」「関心を持ってもらえていない」。
と、悲しくなってしまうことがあるかもしれません。

そんなときは、まず一呼吸おいてみましょう
自分の感性と相手の感性が違うということを思い出してください

「どうして気づかないの?」と思わないことです。
「この人は気づくことができないんだ」と理解してあげるのです。
すると、あらゆることの見方が変わってきます。

「どうしてやってくれないの?」ではなく、「やりかたくても気づけない」。
「どうして気づかないの?」「好きじゃないんでしょ?」。
そうではなく「好きだけれども感受性を持っていない」と捉えましょう。

相手はわざとやっていると思わないようにするのです。
「本当に気づくことができないんだ」と理解することで、不安は消えていくでしょう。
気づいてほしいことがあったら、自分からポイントを教えてあげることも大切です

img_2877isumi_tp_v
たとえばメイクの違いに気づいてほしかったとき。
「ねぇ、今日はちょっとキラキラしてみたの」と笑顔で報告しましょう。

「疲れているから、これをやってくれるととっても助かる」。
このように、自分から相手に教えてあげるのです

すると、男性は進んで感想を言ったりします。
手助けしようと張り切ってがんばってくれるようになります。

男性にとっても、自分の言ったことや行ったこと。
それらを「うれしい!」と喜んでくれる女性は、大切でたまらない存在になります
どちらかが持っていない感性は、やさしく、わかりやすく分かちあいましょう
878cdccee775aa53ecae16a9f4858dac

愛情表現にも男女の違いがあります。
女性は、言葉によって愛情を推し量る傾向があります。

男性は言葉よりも、「その言葉を発している相手が、どんな行動をとっているのか」。
それを見て判断します
女性はイメージで物事をとらえます。

逆に男性は視覚や聴覚などの五感で物事をとらえる脳の特徴があります。
そのため、あなたが恋愛ドラマを見てイメージをふくらませたとします。
目を輝かせながら「あなたのことをずっと好き」と言います。

でも、普段から遅刻したり、すぐに何かに飽きて放り出す。
また愚痴を言っている...。

すると男性は「口ばっかり。本当にできるの?」と思ってしまいます。
男性には、言葉で気持ちを伝えるのと同じくらい、実際に行動で示すことが大切です

0I9A6513ISUMI_TP_V
行動で示すことで「本当に、心から自分を想ってくれている」と感じます。
行動することは、言葉をかけるよりも大変なことかもしれません。
けれど、本当に気持ちを伝えるためには、こうした強さを持つことも必要です。

個々の感性もさまざまかと思います。
チャットレディのお仕事でお客様とご縁ができたとき。
お客様の感性を微小でも探れるような察知力を磨きましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム