会話に「完璧」は必要ない!?


「完璧な話し方」はつまらない

ある美容整形外科の先生のインタビューでの答え。
「完璧な顔を目指しますが、人が魅力を感じる顔は、どこかに欠点のある顔です」。
たしかに、美術館に飾られている美女もどこかに欠点があります。

だからこそ、人々が魅了され続けているのかもしれません。
好きな人の顔も欠点ほど愛おしく感じられませんか?
話し方も実は同じです。

敢えて「崩す」ことで聞き手を引きつけるのが上級テクニックなのです。
立て板に水のような話し方はかえってコミュニケーションの壁を作ります

いつも四角四面に「...でございます」ときっちり発音された場合。
付け入るスキを与えません。

時々は「...ですよね~」と語尾を伸ばす今どきの発音をしてみる。
若者言葉を用いてみるとか、どこかに「スキ」を作る話し方をしてみてください。

地方なまりを「恥ずかしい」と思っている人がとても多いものです。
それこそ武器にすべきです。
地方なまりは「あなたらしさ」が伝わる強力なチャームポイントです。

無理に隠したりせず、ありのままの話し方がむしろ良いのです。
聞き手の緊張もほぐれて、一気に会話の距離が近づくはずです。
話し方の欠点は、あなたをチャーミングに見せてくれます。

OJS_inakanomisesakitoyuki_TP_V

普段使い慣れない言葉を無理に会話に取り入れると、軽い失敗をすることもあります。
大体が、笑って済むものです。

しかし、状況によって、言葉を選ぶことはマナーです。
チャットレディもお客様の雰囲気を読み取って、言葉を選ぶ機転さを身につけましょう。

苦手な人への挨拶が、あなたを変えてくれる

職場や学校で、好き嫌いにかかわらず誰にでも感じの良い挨拶ができていますか?
挨拶の鉄則は「あ=明るく、い=いつでも、さ=先に、つ=続けて」
その日の気分や相手に左右されず、続ける姿勢が重要です。
挨拶は、話しかけにくい人や苦手な人、目上の人などと打ち解ける絶好のツール

長々と話さなくとも、たった一言で相手に良い印象を与えることができます
そして、コミュニケーションのきっかけにもなるものです
できれば挨拶するたび、たとえウソでも、心の中では「好きだ」と思い込みましょう。

「苦手だ」と思うと、顔が硬直し、声も低くなります。
そんな苦手意識は自然と相手に伝わるものです。

「苦手だ」と思っていれば、相手もあなたを「苦手」と感じます。
あなたが緊張した状態でいる限り、相手も心を許してはくれません。

誰かと話をするということは、日々訪れるビッグチャンス
誰もがあなたの人生の協力者になる可能性を秘めているのです。

苦手な人にほど、「自分から懐に飛び込もう」という挑戦を日々の課題にしてみましょう。
挨拶は、苦手な人を味方にできるビッグチャンスなのです。
YUKA863_osusume15202708_TP_V

チャットレディのお仕事に限らず、日常において「挨拶」は当たり前の礼儀です。
当たり前の礼儀だからこそ、良い印象が残る「挨拶」を心がけましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム