「カンのいい女」の身のこなし♪


服によって、ヒザの表情を変えてみる

カンのいい人は、スカートをはいた時とパンツをはいた時とでは、別人のようです。
おしゃれな人ほど、イメージががらりと変わります。
下半身の動きがまったく切り替わるからです

スカートをはいた時は両ひざが見事に吸い付いている。
なのに、パンツをはいた途端、ひざが離れ、脚を組む。
さもなければひざが脚長の男性のようにカッコよく開かれる。

これが、ジーンズになるとひざはラフになる。
脚を組むにしても、ひざを大きく横に開く。
足首のあたりを片方のひざにのっけて、あえて行儀の悪い形をつくるのです。

脚の行儀を思いっきり崩した代わりに、背筋はとことんまっすぐ
針金が入っているようにピンとさせて、だらしなくならないように意識する
そういう自分の体の中でのバランスも上手にとれるのが、着こなしです

しかも、カンのいい女性はこれを狙ってやっているわけではありません。
ほとんど無意識に、スカートをはくとひざが吸い付き、パンツをはくとひざが離れるのです。

着こなしの反射神経は女性の場合、ひざに宿るのです
タイトスカートの時は、脚がひざを基点にシャープなVの字を描きます

シフォンのやわらかいスカートなら、両脚が横に流れるようにします
脚とスカートで、ひとつの造形美をつくりあげるのもセンスのうちです
着こなしとはまさに服と体のコーディネートなのです。

TIG93_kabeniyorikakarujyosei-thumb-autox600-16704

女性の体はいつもアシンメトリー

エレガントに見える仕草のコツにこういうものがあります。
左のイヤリングは右手で触れる

体が自然とねじれ、アシンメトリーの造形的な美しさをそこに生み出すのです
女性はもっとこのアシンメトリーを意識すべきなのです

椅子に掛ける時、片側に重心をかけて体を少し斜めにしてアシンメトリーの状態を作り出す。
このほうが美しく見えます。

シンメトリーに座ると、深くかければ疲れて見え、浅くかければ落ち着きなく見えます。
まっすぐ座っても、せめて両手をセンターではなく中心からズラしてアシンメトリーに置く。
挑戦的ではない、やわらかい印象でありながら、きちんとした感じが伝わります

TIG78_isunisuwattajyosei-thumb-autox600-16656

最近、服もアシンメトリーなデザインが流行っています。
それも「女がえり」のひとつの表れかもしれません。

会話している時、相手の腰が引けてるいると感じたなら。
とっさに体を斜めにねじる反射神経を備えるのも、人づきあいの技のうちです。

うっかり腕組なんかしていたなら、エレガンスな服もエレガントに見えません。
体の角度だけで、女性はエレガントに心優しく見えることを覚えておきましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム