「会話を生かす」テクニック♪


「おしゃべり」から実のある会話へ♪

おしゃべりは文化である。
以前は、よく、こんなことを口にする人がいたものです。

「女のおしゃべりには花は咲くけど、実はならない」という男性もたちもいました。
でも、それはお喋りを苦手とする男性のやっかみにしかすぎません。

お喋りは日常、人とかかわり、ふれ合っていくための基本となります
それは人間の能力です。

家族や親戚はもちろん、地域社会でも人とつきあう時間の長い女性。
お喋り上手になって、周りの人と良好な関係を保っていく必要があります

女性は得意なお喋りで、人との関係を築き維持してきました。
そのお喋りでも注意点があります。

●自分のことだけ。
●一方的に。
●長々と。

これが続くようだと、人から敬遠され、「単なるお喋り」と評価を落とすことになります。
」のある女性の会話に「」をつけるために必要なことがあります。

相手のことに関心を向ける
やりとりを活発にする

気転をきかせて短めに話す
の三点が伴うことが望まれます。

%e8%96%94%e8%96%87

思いやりを言葉にのせる♪

会話のやりとりは一瞬一瞬で消えていくものです。
ですが、不思議にいつまでも記憶の残るひと言というのを誰でもあるのではないでしょうか。

たとえば、窮地に立たされてとき友達のひと言で救われた。
落ち込んでいるときに、家族のひと言で元気になれた。
仕事に行き詰ったときに、先輩のひと言でやる気を取り戻した。

会話のちょっとしたひと言に、思いやりがさり気なく込められている
すると言われた人は心に残るだけでなく、話し手も輝かせるのです

aded1a2b5c7e55eaa69406b5009f58bd

事態を好転させる「思いがけない」ひと言

会話のやりとりに、ちょっとした思いがけなさが加わると、楽しさが増すものです。
例をあげてみましょう。

彼の誕生日に、何かプレゼントしようと思って「ほしいものは?」と尋ねてみました。
返ってきた答えは、「知り合った頃の君がほしい」。
ちょっと意外性のある面白い返事が返ってきました。

軽い緊張感を伴ったひと言でもあります。
これにどう答えればよいのでしょう。

「そんなの無理に決まってるよ」。
「タイムスリップでもしろと言うの」。
これでは、あまり冴えた答えとは言えません。

これからの私でどう?
わかった。期待してるよ(笑)

こんな会話の流れが理想的だと思いませんか?
心に余裕があると、気転のきいたひと言が返せます

ほんの少し角度を変えて物事を見るようにする
そして短いひと言で表現してみる

すると会話が生きてくるのです。
実もたわわになるのです。
ゆとり、思いやりのある会話で相手に印象を残すチャットレディになりましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム