会話上手に否定はない!


「自分が正しい」という思い込みが否定を生む

人間社会で生きていく以上、誰もが「自分を認めて欲しい」と思っています。
話を好意的に聞いてくれる人は「自分を受け入れてくれる存在」で、好かれやすい傾向にあります。

では、逆に否定ばかりする人はどうでしょうか。
答えはもちろん嫌われやすくなります。

相手の話を受けて自分が話し始めるとき

「でも~.だって~.いや~.」などの単語から入ると、相手は身構えてしまいます。
なぜならこれらの言葉に続くのは反対意見が多いからです。

「万人が同じ意見ではない」と頭でわかっていながらも、やはり否定されると傷つくものです。
否定が多い人には”プライドが高い.言い訳が多い.責任転換する”などの特徴が見られます。

自分の非を認められなかったり、自分が正しいと思い込んだりするタイプです。

その為、相手を否定することや自分以外に責任を向けることで、自分を守ろうとするのです。
ひどい人になると、同意してるにも関わらず否定語を使う場合があります。

「でも、そうだよね」本来なら「うん、そうだよね」と言えばいいのです。

否定語が口癖になっている為、つい最初に「でも」と余計な言葉を付け加えてしまいます。
ただし、否定がだめだからといって、全てを肯定するのも考えものです。

というのも、肯定ばかりする人は”軽薄な太鼓もち”と言う印象を受けるからです。
大切なのは異なる意見を受け入れることです
相手のご機嫌を伺ってばかりでは、互いの距離は縮まりません。

短所より長所を探す癖を身につける

否定が癖になってる人は、視野と心が狭くなってしまう可能性があります。
無意識のうちに欠点ばかり見てしまうので、長所を見付けるのが下手になってしまうのです。
例えば流行に対する自分の反応を振り返ってみてください。

話題の映画、ブレイク中の芸能人、人気の歌「なぜこんなに面白くないものが流行っているのか?」 などと一蹴していたりしませんか?そのような人は要注意です。

みんなが流行の話題で盛り上がってるいる中、自分ひとりだけ、「何が面白いの?つまらないじゃん」などと水を差し、場をしらけさせてしまいます。
斜に構えた態度を個性だと開き直る人がいますが、周りをいやな気分させる個性ならそれが欠点です。

まずは否定的な姿勢を捨てて「どのような点が受け入れられているのか」を探る努力をしましょう。
長所を見つける訓練は、視野を広げ冷静な判断力を養ってくれます。
そして、なによりも、そうして性格が”人に好かれる話し方”へと繋がっていくのです。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム