会話のズレを楽しむ♪


会話のズレは「発見」のきっかけ!

お互い話をしていて、「言いたいことが伝わってないなぁ」ということはよくあります。
でも、100%話が通じ合うことは、言葉を発した人と受け取る人が違う人間である以上ありません。
会話というのは、相手が「こう思った」ということが言葉で、自分が気づかないことが多いもの。

つまり、会話の中で生まれるズレは、そういう「発見」のきっかけでもあります。
言葉は案外、曖昧な総合理解のうえに成り立っているわけです。
言葉というものでつくられている会話に「伝わってないなぁ」という違和感があって当然です。

その違和感を「言い得ない」とか「何となく」とか表現するのです。
自分が考えてることと、自分が発した言葉の間に差があるのは当然なのです。

相手が自分の言い得ないところを相手なりに理解したとき、
「私が感じていて言葉に出来なかったけど、そうだったのか」という、発見があるわけです。
100%伝わらないことにイライラすると、その発見を逃がしてしまうのです。

自分の言葉を、他人が言葉にすることで自分の考えがわかることが多いものです。
そのズレとズレをチューニングしていく作業こそが、コミュニケーションの本質的な楽しみです。
「話のあわない人」を敬遠するのは、とてももったいないことです。

言葉で相手にわからせることだけがコミュニケーションではありません。
つまらない話のズレを楽しむことが出来れば、より一層お客様を増やすチャンスが生まれます!

人間関係はゲーム

強気に出ていられた側がふとしたきっかけで、その立場がひっくり返るこもよくあります。
人間関係における強者、弱者の立場は固定することなく、変化します。
ちょっとでも関心があるなら「関係を切らない」ということが大切です。

なかなか話が弾まないと思う前に、先ずはコミュニケーションゲームを始めてみてはどうでしょか?
思いもよらないことから会話が弾むかもしれませんね。

「余計なひとこと」でコミュニケーション上手になる
余計なひとことは、つい出てしまうひとことです。
これは行儀が悪いからとか、黙ってしまわず、言ってしまいましょう。

コミュニケーションをとっていく上で相手を知る重要な「とっかかり」になります。
話が「脱線する」「横道にそれる」話が予定どおりに進んでいるときは、相手の感情がこちらにあるように思えません。

まじめな話をしている時に、話が脱線につぐ脱線。
そんな時、人間味を感じ、異性を意識してなかった感情が急に芽生えたりします。
会話の中で無意識に感情をのぞかせる時、生身の女性を感じこれが男性の発情の着火点になるのです。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム