鏡が決め手の「美」


「モテたいというより理想の男性と巡り会いたい」

これは一般的な女性が持つ理想的な恋愛感です。
自分だけを愛してくれる、理想の男を恋人にしたいと思うのは当然の願望でしょう。
女性は愛されるためには、給料を全部つぎ込んでしまうくらいのパワーがあります。

ドラマ「やまとなでしこ」での主人公はお金持ちをGETするために安アパートにカップ麺。
そして高価な服につぎ込んでた、あの情熱です。
この女性の愛されたい欲求は、自分を一番愛してくれる男個人に向かいます。

つまり自分を愛してくれる存在だけが大切で、他はそれ以下という明確な基準があります。
男はもちろん女性に愛されたいのですが、同じくらい「社会」に愛されたい生き物です。
これは服の選び方を見てもわかります。

男の選ぶものは基本的に保守的なものに落ち着きます。

しかし、女性が選ぶ基準は、あっさりと自分が愛する男の好みのものに変化します。
かわいい服、きらきらと輝く宝石など、女性はモノの美しさに一本化していきます。

素敵なものを見に付けている素敵な自分をつくり上げることができます。
このモノの力によって、美しくなっていくことが可能です。
部屋に花を飾る、それに合わせてキレイに片付けたくなるような感覚と一緒です。

高いブランドのスーツを買ったら、そのブランドが似合う素敵な女性になろうと頑張ります。
この美しさになっていく過程というものが女性に取っては、愛される為の力が充電される時。
体中にアドレナリンがみなぎっていきます。

だから、そのいきいきとした様子は、男に取っても美しく映ります。
人は生来の顔立ちよりも化粧をする時、ある程度作った顔が自分の顔だと思います。
美しくなろうとしているときは、当然ですが鏡をよく見ますよね。

自然に他人から見て好ましい表情になって、そのを見ています。
こういう毎日が繰り返されれば顔は実際に美しくなっていきます。
はりつやの良い80歳のおばあちゃんに秘訣を聞いたら「毎日鏡を見ること」これのみでした。

「美人なのに彼氏がいない」という悩みを良く聞きますが、男性は出来上がった美人ではなく。
発展途中の「美」に心を奪われるです。
女性は当然ながら子供でない限り化粧をします。

もちろん、を見ながら、その日によって化粧のノリが悪い。
眉が上手くかけない、そんなことでナーバスになる事も多々。
でも、それも美しくなる為の日課です。

仕事がないときくらいは化粧はしない!という女性もいますが、そんな日もを見ないでしょうか?
もし、居るのなら化粧はしなくても一度はに向かってくださいね。
幾つになっても、はり艶を保っていきたいものです。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム