「価値ある女性」を目指そう♪


物で満たされるより自信を労わることから♪

美しい花はとても繊細で手がかかります。
太陽に当ててあげなければしおれてしまいます。
水やりを忘れたらすぐに枯れてしまいます。

気配りをして、世話をすることで、鮮やかな美しい花を咲かせてくれます。
花が咲いたときの喜びは、それまでの世話の苦労など、吹き飛んでしまうくらいです。

私たち女性も、花と同じです。
自分の面倒を見てあげないと、しおれてしまいます

自分をケアすることを忘れ、女性としての自分を放棄してしまう。
すると、美しさは遠ざかってしまうのです。
では、自分の面倒を見るとは、具体的にどのようなことでしょう。

☆精神に関すること
●「よく頑張っているね」「あなたはすてきだよ
このように、自分にやさしい、肯定的な言葉をかける

●気持ちが良くなる風景を見たり、花を飾ったり、心が満たされるようなことをする。
●面倒だなと思うときは、面倒くさい自分に寄り添って、最低限だけ行動する。

●「きれい」「かわいい」「すてき」と感じる物にふれ、自分の気持ちをいつも美しく保つ
●焦ったり苦しいときは、無理に行動せず、ただ休むことを許す。

mar88_kabintotabel_tp_v

☆肉体に関すること
●自分の肌に合った化粧品をじっくり選び、朝、晩にきちんとケアする。

●疲れた自分の体を労わることを心がける。
ボディマッサージや、リンパマッサージなどで血流をよくする。

●寝不足など、一時的に体調を崩すときは、それを把握してスケジュールを管理する。
●入浴や適度な運動をして体を温める。
●やさしくふれる、なでるなど、心がリラックスするような動作をする。

このとき、自分の存在に愛情を注いでいるということを意識してみましょう
自分に手をかけているという納得感。
それは「私は価値ある女性です」という自己重要感につながります。

「きれいになってうれしい」と思えるようになれます。
それによって自然に自信も生まれるのです

あなたを美しくするはずの美意識が、あなたを苦しめるものになってしまう。
すると、あなたの本当の魅力は伝わりません。

「おしゃれに関心がある」よりも、「自分の存在に関心を持つ」ということが大切です
高価な化粧水、高価なファッションは「物」への関心です。

あなたという花に関心を持ち、あなたの存在自体を労わることです
そして心地よさを感じさせてあげることが大切です

IMARI20160806163207_TP_V
労わられ、大切にされているときにあなたから出る穏やかさや輝きに勝るメイクはないのです
毎日、自分に「労わり」という水をあげましょう。
誰にも負けない華のあるチャットレディに育っていくはずです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム