会話に「柔軟性」を取り込む♪


意見の違いを楽しめる女性になろう♪

誰かと話しているとき。
この人は同じことに対して「自分とまったく違う考え方をするんだなぁ」。
などと、驚いた経験がある人は少なくないでしょう。

「どうしてそんな考え方をするんだろう。自分はそんなつもりはないのに」。
と、イライラすることもあるでしょう。

はじめて聞く意見で、目がさめたわ」と感心することもあるかもしれません
また身近な人同士でも、考え方がまったく相いれないということもあります。

男性は「家族のために夜遅くまで残業して、家族を養うのが愛の証」考えます。
逆に、女性は「家族のためにもっと早く帰ってきて、コミニュケーションを取ってほしい」。
などと、男性への愛情不足を感じている場合があります。

これは、どちらもお互いを思っていることには違いはありません。
しかし、その価値観がまったく逆なため、お互いの気持ちがずれてしまっています。
SAYA16031118IMG_9857_TP_V

こういった食い違いは、男女間だけの問題ではありません。
日頃から意見や感性が違う相手とも、コミニュケーションがとれるようにしておきましょう

自分の考え方に固執して「自分のほうが正論だ」と思い込まないことです。
相手の考えを受け入れる柔軟な気持ちを持つことが大切です

本来、生まれも育ちも違う人間たちなのですから、考え方は違って当然なのです。
ですから、意見が違ったら「自分はこう思うけど、あなたは違うようね」。
と、口に出して違いを確認してみることです

そうすると、考え方の違いが、冷静に受け止められます。
いろいろな考え方があるんだなと相手の受け入れるようになるのではないでしょうか。

自分はずっとこう信じていたのに、そういう考え方もあるんだ。新鮮!」。
自分にはない発想や感性だわ。素適だわ」。
などと、自分との違いをプラスに考え、考え方のギャップを楽しんでみるのです
151026M_036r-thumb-815xauto-19807

ただし、こういったことは、コミニュケーションがなければ始まりません
まずは、意見の合わない人とでも、話してみましょう
考えがずれているからといって、苛立つことはないのです。

世の中の人が全員同じ考え方をしていたなら、つまらない社会になっていることでしょう。
意見の違いを楽しめるようになれば、人間関係は一段と広がるのです

こうした考え方ができたなら、世代の違う男性の話しにも感心が湧くのでなないでしょうか。
チャットレディとして、この要素を持ち合わせておきたいものです。
そうしたなら、お仕事にも弾みが付くのではないでしょうか♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム