男性の「自尊心」をくすぐる♪


印象がどんどんよくなる「感想ぼめ」♪

「感想ぼめ」とは、「自分はそう思う」というポジティブな感想を伝えることです。
大げさではないけれど、その人の心が伝わるほめ方です

「うれしい!」「楽しい!」「幸せ!」
何かをしてもらった時、一緒に何かをしているとき。
この3つの感想をどんどん相手に伝えましょう。

自分が思う素直な感想です。
照れくさいこともないですし、相手を持ち上げることでもありません。

たとえば、食事に連れて行ってもらったとします。
「おいしいです」だけで終わらせないようにしましょう。

「こんなステキな店に来られてうれしいです。」
「それに、とてもおいしかったです。幸せでした!」
この言葉を聞いたら、「また、誘うかな」という気持ちになってもらえるはずです。

max88_suwaipu20141025133450_tp_v
●「心に響きました」
人は、自分のことを認めてほしいと思っています。
だから自分の話を聞いてもらうのはとてもうれしいのです。

相手に深い印象を与えたり、役に立ったりしたとしたら、さらにうれしくなります
なので、話を聞いたら、「そうですか」で終わらせないようにしましょう。
○○さんのいったこと、すごく心に響きました」と言うのです。

「印象的でした」「心に残りました」。
「やってみようと思います」「惹きつけられました」でもいいですね。
きっと喜んで、もっと、いいことを話してくれるようになるはずです。

●「もっとお話が聞きたいです」
特に、相手が年上の男性の場合。
「年下の人に教えてあげたい」という気持ちが強いようです。

「いろいろなことをご存知なんですね。もっとお話が聞きたいです」。
この言葉で「自分は相手の役に立つ、いい話をしたんだ」「喜んでいるんだ」。
そう実感して、自尊心も高まってうれしくなってくれます

max16011644_TP_V
●「元気がでました!」
「自分に何かプラスの影響を与えてくれた」という感想を伝えるのも「さり気ぼめ」です
「パワーをもらえました」「明るくなれました」「楽しくなりました」...。

「自分が役に立った」という相手の自尊心を高めてくれます。
「癒されます」「安心します」「○○さんといると、居心地がいいです」。
このようなプラスの影響を伝えましょう。

誰でも、人と接しているときには、なんらかの感想を持っているはずです。
イヤな感想ならば、わざわざ口に出していうことはありません。

「あっ、ちょっと元気出たかも」というような、「プラスの感想」が浮かんだとき。
なんだか元気になれました。ありがとうございます」。
このような気持ちを口に出して伝えていきましょう。

haha160306000I9A2079_TP_V
自分が誰かにプラスの影響を与えることができた」。
これは、相手の自尊心を高めて、幸せにできるとてもステキなことなのです。

たくさんあるほめ方にも様々な方法があります。
接客業のチャットレディのお仕事では「自尊心をくすぐる」ということは大切なことです。
自分の中に「プラスの感想」が浮かんだら、すかさずキャッチして、伝えましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム