「印象づけ」の秘訣♪


自分をブランド化する♪

たとえば、有名な女優さんやモデルさん。
その名前を耳にすると、私たちは「ああ、あの人ね」。
とその人の姿を思い浮かべることができます。

そして、その人がどんな容姿で、どんな言葉づかいをしていて、どんな作品に出ていて...。
というところまで、ぱっと思い浮かぶことすらあります。
なぜ、こうしたことが起きるのでしょう。

女優さんやモデルさんは、自分の印象を意図して「つくっている」からです
ここでの「つくる」とは、ネガティブな意味ではありません。

「自分という存在がどんな人間なのか繰り返し伝えることで印象づけている」
ということです。
じつはこうした「印象づけ」は、わたしたちの日常生活でも行われています。

たとえば、「いつも笑顔であいさつしてくれる人」がいます。
その人のことをよく知らなかったとします。
「ああ、あの気持ちの良い人ね!」と思い出すことができます。

AL0012-uwamedukaiol20140722_TP_V
反対に、いつも人を避けるような態度で伏し目がちに歩いている人がいます。
「ああ、あの人..付き合いにくいよね」と思われてしまうこともあります。

たとえば、どんなにすばらしい資質を持っていたとしてもです。
「あのとき笑っていたけれど、次に会ったときはあいさつもなかった...」
というようにバラバラな行動をとっていると、ネガティブに印象づけられてしまいます。

一方で、少なくとも3回、同じ態度をしていれば「この人はいつも笑っている感じの良い人」
という印象を与えることができます。
PAK72_kawamurasalon15220239_TP_V

内面の美しさを行動で表現する
あなたが持っているやさしさ、論理性、客観性
人の才能を見抜けること、気づかいなどを、実際の行動で表現しましょう

たとえば、人の才能に気づいたら言葉でほめる、「大丈夫?」など声をかける。
「こうすればいいんじゃないかな」とアドバイスをするなどです。

ここで気をつけることがあります。
男性はプライドが高いので、内容次第ではアドバイスの仕方に注意を払いましょう

内面の美しさを服装やメイクで表現する
人はその人の容姿=服装やメイクと、その人の印象をセットで記憶します

どんなにやさしい温かい人であっても、暗い印象の服ばかりを着ている。
それでは、魅力は十分に伝わりません。

一方で、やわらかさを感じるワンピースを着ていたとします。
それだけでも「やさしくてとても女性らしい人」というイメージになります。

あなたが「いいな」と感じたアクセサリーを身につけてみる。
やさしいあなたのイメージにふさわしい服を着るように心がけましょう
女性らしさを服装で表現することは大切なことなのです

YUKAPAKU3282_TP_V
表現の種類も様々です。
自分の得意な表現力を探してみましょう。
あなたのチャットレディとしての内面の美を上手に表していきましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム