その「1秒」が勝負♪


始まりと終わりは笑顔のポイント♪

話している最中に笑顔でも、相手は「この人は感じがいい」という印象を持ちません。
話している最中の顔よりも、話す前と言い終わったあとの顔が強く印象に残るのです

ほとんどの人が笑顔を出すタイミングを間違えています。
笑顔とタイミングが同じになりすぎるのです。

たとえば、接客業で、「すみません、ちょっとこれ見せてもらえますか」。
と、お客様に言われた時に、そこで1回笑顔になります。
「これはですね...」と説明している間、へらへら笑うのはおかしいですね。

真剣に説明し、終わった後に笑顔になります
この呼吸がつかめるかどうかです

これはおじぎでも挨拶でも同じです。
別れの挨拶になると、ほとんどの人はこれができません。
笑いながら「さようなら」と言います。

そうすると、最後、言い終わった時に笑顔がなくなっています。
そこを相手に見られてしまいます。
おじぎでの「さようなら」は笑顔で言わなくてもいいのです。

SAYA16031118IMG_9857_TP_V

「○○さん、さようなら」と声をかけた時、相手はまだ自分の方を見ていません。
相手が見ていないところで一生懸命笑っても意味がありません。

相手が「さようなら」と言ってこちらを向いた時が要注意です
笑顔から真顔に戻る瞬間を見られたとしたら、一番感じが悪くなります

魅力的な女性は、「○○さん、またね」と言った時も気を抜きません。
相手が振り返るのと同じくらいの間でニコッと笑います。
相手と目が合った時に、ニコッともう1回笑うのです。

話し終わったあと、文章に「。」をつけるくらいの気持ちで笑顔を足します。
笑顔と笑顔で、行動を挟むことが大切なのです
笑顔を、2回つくることを心がけましょう

SAYA160312110I9A3798-thumb-autox1600-22018

相手から、瞳を離さない♪

人を見る時のポイントは「あと1秒」です
あと1秒粘るのです

「こんにちは」の挨拶にも、目を離すタイミングがあります。
そこでもう1秒粘るだけで、勝負がつくのです
「どうもありがとうございます」のあとも、1秒粘ります

たとえば、ミスコンのコンテストで「あなたがミスになったら何をしますか」。
という質問をされたとします。

「私がミスになったら平和のためにこういうことをします。ありがとうございました」
このようにさっさと話を終えると、冷たい印象になります。

世界の頂点に立つ人は違います。
「ありがとうございました」のあと、笑顔でもう1回会場を見るのです。

これで拍手喝采です。
「この人が言うなら寄附します」という人が殺到します。

隣の人と目が合うと、どうしても照れてうつむきます。
ここで目線をそらさずに、あと1秒粘ると、相手は勘違いします
勘違いされていいのです

勘違いさせてあげればいいのです。
勘違いから恋が生まれます
チャンスが生まれます

握手にも、手を離すタイミングがあります。
握手は、相手が話そうとタイミングに、こちらからもう1度握ります。
キュッと握ることで、相手はキュンとなります

PAK66_koibitototewotunagu20140301-thumb-815xauto-16840

目線が1秒残って、握手も手を離そうと思っているところをもう1回握られたなら..
「もうどうにでもして」という気持ちになります。

あと1秒粘って、目線を残すことが大切なのです
チャットレディさんも、どんな時も笑顔が必要です。
とくに、タイミングのつかんだ笑顔は特上の笑顔でいましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム