「表情」から信頼を得られる♪


素敵な人の条件♪

表情豊かな人は、周囲の人たちを幸せな気分にさせます
生き生きして見えるからです

笑ったり、すねたり、泣いたり、喜んだり...。
表情の変化があるから人間なのです。
表情の変化の乏しい猫や犬を見ればわかります。

でも、よく観察すれば、猫や犬でさえ表情が変化するのです。
ですから、人間ならば当たり前のことです。

しかし、ほとんど表情を変えない人もいます。
そういう人のことを、「能面のような」といいます。
身近にそんな女性がいませんか。
007KZ1868_TP_V
彼女の顔を見るたびに、まわりの人たちは思います。
「わたしに文句でもあるんだろうか」と...。

なぜならいつもムスっとしていたからです。
「どうして不機嫌なの?」と内心周囲の人たちは彼女に聞きたいくなります。

彼女はもともと無表情で、本人に悪気はないのです
にもかかわらず彼女は、周囲の人にいい印象を与えず、とても損をしています

ファッション雑誌のモデルの表情をかっこいいと誤解している人がいます。
外国人モデルの、そうした無表情をわざとまねしている人もいます。
あれは見る人の目が洋服のほうにいくように計算した結果です

また、一種の雰囲気づくりでもあります。
要するに、つくられた表情なのです
だから、そのまま真似しても意味がありません。

日常生活では、自然な表情が、その人をチャーミングに見せます
ただし、変化がポイントです
さまざまに変化する表情が、その人をとても正直な人だと印象づけます。

IMARI20160806165917_TP_V
ところが例にあげた女性のような人は、正体不明でとっつきにくいのです。
自分を隠しているか、さもなければ表現する自分を持っていないかのどちらかでしょう。

感情をちゃんと出す人のほうが信用できます。
この人にならいろいろなことを話せると、相手は信頼します。

表情が豊かというのは、いいかえれば人なつっこさの表れです
相手とコミュニケーションをとろうとしている顔です

それに、表情豊かな人の前に出ると、安心もできます。
この人はやさしい人だと思えます。
事務的な返事ではなく親身な答えが返ってきそうだと感じられます

無表情な人を見ていると、話しかける気にもなれません。
表情が乏しい理由として、感情の乏しさとアンバランスがあげられます。
前者は、感情が凍りついていて、それがそのまま顔に出ているのです。
Kazukihiro171227DSCF8779-Edit_TP_V
何が悲しくて、何がうれしいのかわからないのでしょう。
信じられないかもしれないけど、そういう人が実際に存在するのです。
後者の、感情がアンバランスというのは、わかりやすく説明しましょう。

例えば、かわいそうというひとつの感情だけが異常に発達している場合です。
こういう人は、かわいそうな人たちが好きなのです。

普段は表情が乏しいのに、テレビで悲しいニュースが映し出される。
すると大粒の涙をこぼすタイプです。
それが表面的な悲しみであることに、本人は気づいていません。

表情が豊かな人というのは、感情のバランスがとれています
極端ではなく、自然にふるまえる人のことです
そういう人に、人は心を許すのです。
imari20160807103519_tp_v
男性は無邪気な女性に惹かれます。
表情でそれを感じ取ります。
チャットレディさんもオーバーリアクションと思われるくらいの表情で接客してみてください♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム