「服への拘り」で魅力度が増す♪


着ない服を捨てる=オシャレになる♪

クロゼットの中には、着ない服が必ずあります。
例えば10着持っていて、10着をまんべんなく着ているでしょうか。
大抵は数着を交互に着ていませんか。

「そればかりだね」と言われて、違う服に替えても、今度はそればかり。
残りの服は、ほとんど着ない。
そういう人も多いと思います。

着ない服には、悲しい理由がたくさんあるのです。
着ない服がクロゼットにあると、その人のファッションセンスは必ずダメになります
NKJ56_Lsizenooyouhuku_TP_V

センスのある人は、クロゼットの中が見事に循環しています
均等ではなくても、こちらは10回、こちらは1回という差はありません。

そこそこ、まんべんなく余裕があります。
クロゼットにも余裕があります。

ギューギューに詰め込んで、ハンガーが折れるようなことはありません。
クロゼットに余裕がないと、1つ出そうとして3つぐらいくっついてきます。
そんなことも起こらないのです。

魅力的になるためには、めったに着ない服を捨てることです
洋服には、定番モノと流行モノがあります。
流行の流れは速いです。

N811_hurubitatannsunohikidashi_TP_V
去年の暮れにバーゲンで買った服を今年着ようとする。
でも、すでに流行りは変わっています。

それで、次の流行が来るまで、クロゼットに入れて待っています。
流行りは繰り返します。

いざ次の流行の時に着ると、明らかにヘンです。
繰り返しているようでも、やはり何か違うのです。
その服は思い切って捨ててしまいましょう

服がもったいないのではありません。
センスがダメになるほうが、もっともったいないのです

着られない服を捨てることで、究極、間違ったモノを買わなくなります。
なんでもかんでも取っておこうとすると、間違ったモノもついつい買ってしまいます。
魅力的になるには、捨てる覚悟が必要なのです

NSLH_STUDIO_003_TP_V4

着こなし上手は、服が自然に見える♪

服を着る時に、ボタンを1つとめるのか、2つとめるのかという問題があります。
そういうことを常に考えることが大切です。
センスの感性は問題ではなく、「考える」ということです

「その服、〇〇のブランドでしょう」と言われたら、服に負けたのです
日常生活において、服やカバンがやけに目立っている人がいます。
高い服、高いカバンを買っても、本人がそれに負けているのです。

魅力的な人は、いい服を着ても緊張しません
たまにいい服を着たり、いいカバンを持ったり、いい貴金属をつけている人。
そんな人は、明らかにアガッています。

いきなり高いモノを持つと、いつもと違う顔になって、魅力的ではなくなるのです。
「セクシー」は、ナチュラルな状態です

「こう見られよう」とか「こう見せよう」とか、何も考えていません。
力みがないのです。

kawamura1029IMGL4414_TP_V4
魅力的な人は、シンプルな格好をしていてもオシャレです。
必死感はありません。

必死さが見えないほうが、魅力的なのです
モノと長くつきあえる人は、人とも長くつきあえるのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム