「本当の恋愛」に進むために♪


「恋人がいるかいないか」は早めに確認

好意を持った相手とデートまでこぎつけられることができた。
それだけでつい有頂天になってしまいがちです。
ですが、「相手に合わせすぎない」ように注意しましょう。

「せっかくのデートを大事にしたい」。
「なんとか私のことを好きになってもらいたい」。
この気持ちはよくわかりますが、下手に出すぎないようにしましょう。

相手の顔色をうかがい、相手のいやがることは聞かない。
言いたいこともろくに言えないようなファーストデートになってしまった。

すると、彼に「この子は扱いやすいな」と軽く見られてしまいます。
彼との恋愛がこういう形でスタートすると、のちのち、なにかと大変です
KAZUHIRO014_TP_V

彼の都合で呼び出され、わがままに振り回されてしまう。
その結果、終わってみれば相手はあなたのことを【彼女】とは思っていなかった。
そんな悲惨なこともあり得ます。

とくに毅然とした態度を保ちたいのが、相手に彼女がいるかどうかの確認です
つい「聞いたらきまずいかな」「嫌われたら嫌だな」と日和ってしまうかもしれません。
ですが、そこをあいまいにしておくと、あとでうんと苦しむことになります。

彼女や奥さんがいてもそれを隠す男性がいるということは、誰もが知るところでしょう。
彼らが決まって言うセリフが「聞かれなかったから言わなかった。嘘はついてない」。
このようなものです。

どうやら彼らとしても嘘をつくことは抵抗があるらしいのです。
のちのち言い争いで不利になるのは避けたいのです。

「そのことが話題に出ない限り、なるべく黙っておく」と決めています。
そんな彼らにペースを握られないためにも、早めにビシッと尋ねましょう

MMK_keitaiwoijiruseinen_TP_V4
もちろん、「彼女がいても頑張る」「奥さんがいたほうが好都合」など。
その後の方針はあなたの恋愛哲学次第です。
ですが、これもまずは事実確認をしないと始まりません。

商談の場で予算を聞くのと同様です
「既婚、未婚、彼女の有無」チェックは、必要不可欠なお約束事項と覚悟しましょう

とはいえ「で、彼女はいるの?いなの?」と面と向かって迫るのは無粋です。
「がっついてる」と勘違いされては元も子もありません。
彼女がいないことを気にしている男性であればプライドを傷つけてしまいます。

そこでおススメなのは、「〇〇さんは、彼女何人いるんですか?」という尋ね方です。
このフレーズであれば、「あなたぐらい素敵な人ならば、彼女は当然いますよね」。
という前提で、冗談ぽくカマをかけることができます。

相手としても、いなければ「え~、いないよ~」「ゼロだよ、ゼロ!」
と気持ちよく答えられます。

いる場合は「いやー、一人いるような、いないような」とごまかそうとするはずです。
それでもなお「彼女はいないよ(妻はいるけど)」という答えをしてくるので要注意

「さすがこの人怪しいな」と感じたとします。
「失礼ですけど、〇〇さん、独身ですか?」と真顔で聞いてみましょう

YUKA160113420I9A4104_TP_V
既婚者ならようやくそこで白状するはずです。
ときにはずばっと相手の懐に飛び込む勇気を持って、本当の恋愛をつかんでください


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム