男も女も誉めに弱い


誉めることを身に付ける

大人でももちろん、がんばったらその分「ほめられたい」という願望があります。
とはいえ、闇雲にほめちぎればいいというものでもありません。

男性と女性では、「誉めのツボ」 とでもいうべきポイントが異なるので、それぞれに響く誉め方をマスターしておくといいでしょう。
誉め上手になれば、きっと今よりも人間関係がスムーズになります。

誉めの基本3原則

1 今までと変化した部分に注目して誉める

「髪切った?」「メイク変えた?」「ずいぶん早く出社するようになったね」など、変わった部分を指摘するほめ方です。
これは、女性たちの得意技でもあります。

女性たちの観察上手・調和上手がなせるワザ。
いつも相手のことをよく見ているから、変化を敏感に察知できるのです。
男性も、「女たちの上っ面トーク」 と思わず、身近な人たちを丁寧に観察する習慣を身に付けましょう。

2 その人が自分で気に入っているポイントを誉める

これは、本人が誉めてほしい、気づいて欲しいと思っている部分を攻める誉め方です。
「新しい髪型似合ってるよ」 「プレゼンの展開がうまかったな」など。

相手の気持ちに寄り添って考える必要があるので、少し高度なテクニックです。
その人のこだわりや大切にしていることを考えれば、正解に近づくことができるでしょう。

3 本当に自分がいいと思っている部分だけを誉める

正直に、自分が共感できる部分を誉めるやり方です。
自分の感想なので、「いいな」と思った部分をそのまま口にすればいいのです。

お世辞を言う必要もないので、心理的にも楽な誉め方。
ただし、普段から他人を「ほめよう」という気持ちで観察していないと、誉め言葉は出てきません。
誉め上手になりたければ、「人に会ったら最低3か所はほめる」など、ルール化しておくと良いでしょう。

基本をマスターしよう!

●男のほめ方1

男性は結果を気にするので、「どんな行動があの結果につながったか」を指摘するほめ方を。
たとえば 「○○さんの話には説得力がありますね」「お仕事が順調なのは○○さんの成果なんですね」など。

●男のほめ方2

事実を指摘するよりも、自分が感じている「すごいー」 という気持ちを強調すること。
「すごいですね! 私が楽しくお話出来るのは絶対に○○さんのおかげですよ」と、感動を前面に押し出すことで 「上から目線」を回避します。

「すごい」 「尊敬します」 「さすがですね」。
まずは短い言葉で、その都度誉めるところから始めていきましょう。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム