「ほめる」ことの生かし方♪


ほめるタイミングは逃がさない♪

相手を喜ばせるには「ほめる」こと...。
知りつくしていても伝えるタイミングをはずしていては効果は半減します
ほめるタイミングは3つあります。

すぐにほめる
思い出してほめる
繰り返してほめる

まずは、「すぐにほめる」。
ステキなところを見つけたら、すかさずほめます
「あとでほめよう」「今度ほめよう」と思っても、だいたい忘れてしまうものです。

せっかくほめる機会があったのに、それを忘れてしまった。
それは、相手にとっても自分にとってももったいないことです。
それに、すぐほめられたほうが、相手もより印象が強くなります

面白い柄のネクタイだったら、それを見たとき。
すぐに「わ!珍しい柄ですね。センスいいですね?!」

「あ、ステキですね?」と伝えましょう。
その場だと、ほめるバリエーションもいろいろと見つけられます
5女の子

次が「思い出してほめる」。
すぐにほめることができないこともあります。

そうしたら、思い出したときにほめましょう
これも、「また折を見て」と思うかもしれませんが、思い出したときがほめどきです

「そういえばあの時、珍しい柄のネクタイをしていましたね」
「すごく印象に残っているんですよ」
そういったら、きっと喜ばれるでしょう。

思い出してまでほめられると、「そんなに印象深かったのか」と喜んでもらえるものです。
そしてそれから話が弾みはじめることが多いものです
その上、心の距離も縮まっていくのです

さらに、「繰り返しほめる」。
人は、繰り返し聞く言葉が心に残るものです

ですから、せっかくほめポイントを見つけたとき。
一度で終わらせるのはもったいないです。
折に触れて「あのときのネクタイ、ステキでしたね」と言いましょう。

N112_nekutaiwonaosudansei_TP_V
「私の中では、あれを見たときから、センスがいい人、というイメージなんです」
「なかなかネクタイをプレゼントする機会はないんですが、どこで見つけるんですか」
いろいろな形で、ほめてみましょう。

そうすると、相手の中では「自分はセンスがいい!」というセルフイメージができます。
そして、それを伝えてくれたあなたへの好感度も高まっていきます

それに一つのほめポイントがあれば、他にムリヤリ見つける必要もありません。
そのことでずっとほめることができます。

でも、基本は「すぐほめる」!
ホットなうちにほめると、「ほめ力」の効果を最大限に発揮することができます

%e3%83%8f%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%bc
ほめるということに慣れていてもタイミングというものはなかなか気づかないものです。
これからは「ほめるタイミング」を見極めてチャットレディのお仕事に生かしましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム