「褒められ上手」とは!?


褒められたら素直に「うれしい」♪

誰かに褒められたとき、あなたはどう反応しますか?
たとえば服装を褒められたとき、「いえ、本当に安物なんです」なんて、答えていませんか?
もし、それが事実だとしても、もっと違う答えを用意したほうが魅力はアップします。

誰かに褒められたときの反応は、その人の精神的な成熟感を表わします。
自己の成熟感が低い人は、自分の気持ちしか考えられません。
自分の反応によって相手がどう思うか気が回らず、その言葉にに照れて否定してしまいます。

一方、自己の成熟感が高い人は、自分の反応による相手の気持ちを考えることができます。
なので、褒められたことへの感謝も忘れません。
「そのセーター、素敵な柄ですね」と言われたら、反射的に「ありがとう」と言えるのです。

もっと、くだけた間柄なら「そう?うれしい!」という感じ。
さらに親しい関係なら「見た瞬間に気に入って、奮発しちゃった」
と、情報を付け加えるでしょう。

褒めてくれたことへの感謝を忘れて、ただ否定してしまうのが一番いけません
「えーっ!そんなことありませんよぜんぜん」というのはNG
大人の魅力が半減してしまいます

褒められたときに否定するには、二重の意味で間違いです。
一つには、否定しても「謙虚の美徳」にならず「控えめな人」という評価にもなりません。
もう一つは、相手の気持ちを考えない「感謝を忘れた未熟な人」だと思われてしまいす。

褒められたら、素直に感謝の言葉を口にしましょう
特にお客様に褒めて頂いたら、オーバーなくらい喜んでいいのです。

「いい女だな」と褒めてくれたのに「えーっ!そんなことないよ、どこを見て言ってるの?」
こんな答えを返したら、たとえ悪気はなくても相手をがっかりさせてしまいます。
褒められたら、喜びの反応を示して、相手を喜ばせてあげましょう。

褒められるとは、服装など見た目だけではないのはわかりますね。
内面的なことや行動、全てあなた自身そのものの評価になります。
ただ、褒められて有頂天になって、褒められることに慣れてしまってはいけません。

自分から褒める」ことを心がけるることです。
自分自身が誰も褒めていないのに、自分ばかり褒めてもらいたいと期待するのは無理です。
好意というのは、必ず一方通行にならず、自分に戻ってくるものです

相手を褒めたら必ず相手もあなたの良いところを探して、褒めてくれるはずです。
よく褒められてる人というのは、その人自信も他の人を褒めているはずです。
褒められたら」素直な感謝と共に相手のことも褒めることを心掛けましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム