記憶力は「ほめ幅」を広げる♪


「思い出すこと」はほめるときに必要♪

見た目をほめるのは誰でもできることです。
さらにほめる幅を広げるテクニックとして「思い出しぼめ」があります。

まずは、「いいところ」。
そういえば、○○なところがあるよね」。
相手のいいところを改めて伝えるのです。

人は誰でも、自分のいいところを見つけてもらえた...。
それは承認してもらえる気がして、うれしいものです
だからそれをいってもらうと、いい気分になります
蝶

なんだかきまずい雰囲気になってしまったとき。
「そういえば...」と、よかったことを持ち出します。

そちらのほうにフォーカスチェンジすることができます。
それでいい気分になってもらえたら、気まずい雰囲気を方向転換することができます

次が「細部」。
たとえば、クラス会を終えた二次会。

幹事さんに「楽しかったよね」と、終えたこと全体についてほめるのは当然です。
それだと、1回で終わってしまいます。
なので、もっと細かいところも探してみましょう。

「あのとき、○○さんにいいこといったよね」。
「毎日、頑張っていたよね」。
「疲れた顔をしていたけど、会ったら笑ってくれたこと、うれしかった」。

こんなふうに、こまごまとしたことも思い出してみるのです。
すると、いいところをたくさん見つけることができるでしょう。

そしてそういってもらうと、「そうだね、大変だったなぁ」。
と、相手も自分を誇らしく思ってうれしくなります
fumei

そういうことまで見ていてくれて、それを評価してくれたあなた
そんなあなたに対しても、好感度が高まるでしょう

さらに、「思い出したこと」もほめましょう。
誰かと会うとき、その前に、出会ってから今までのことを思い出してみましょう。

なんでもないことは、いつも記憶の中に封じ込めているものです。
ですが、思い出そうとすると、いろいろなことをしているはずです。

長い付き合いであれば、そんなの「当たり前のこと」と印象に残らないかもしれません。
しかし、それをしみじみと思い返すのも楽しいことです。
「あ、そういえば」という気づきもあるものです。

あの時、○○したことが、とっても楽しかった」と、伝えましょう。
楽しいこと、うれしいことは、思い出すとまた一緒に楽しくなれます

あそこで、こういってくれたこと、すごく心に残っているの」。
このように「自分が影響を与えた」と気づかされるのもうれしいものです。

思い出したことは、相手にとっても、記憶が読みがえります。
あなたとの絆を思い出すきっかけになります。
フラワーハート
せっかくのいい思い出を、しまっておくのはもったいないです。
何度も取り出して、いい気分を再現しましょう。

いい気分になればなるほど、人は幸せな気持ちになります
そして、それを共有できるあなたのことも好きになってくれるのです
「思い出しぼめ」は何度も取り出せる宝物なのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム