「人付き合い」を円滑にするには!?


嫌われることを恐れないために♪

人付き合いのヘタなタイプには、共通点があります。
それは、「嫌われること」をやたらに気にすることです。
そして、それが原因で、人見知りや会話が上手くできないという人もいるでしょう。

相手をどんなふうにホメてあげればいいか?
次にどんな話題で話そうか?
あれやこれや考えすぎるタイプも、得てして、人付き合いがヘタです。

人付き合いはあまり深く考えすぎないほうがよいかもしれません。
余計なことを考えたら不安になるばかりです。
人に嫌われまいとか、好かれようとしすぎると、あなたの普段の魅力が薄れてしまいます。

スポーツの場面で、あまり勝ち負けにこだわり、せっかくの持ち味が出せなくなるのに似ています。
人に嫌われることを心配しすぎてしまうということは...。
自分の人付き合いができない」ことになってしまいます。

嫌われたときは、そのときは、そのとき。
そういうアバウトな考え方で相手に接したほうが楽になるかもしれません。

相手から好かれることを異常に望むタイプ
そんな人のほうが「対人不安」を感じるようです。
こういう人は、実力以上のものを発揮しようとすることで、不安を抱えます。

どんな心理技法を取得しても万人に好かれるのは不可能でしょう。
人に好かれるかどうかには、「」という要素。
あるいは「その日の相手の気分」という要素も大きく作用します

人付き合いは、本来、とても気楽なものです
こちらが気楽な気持ちでいることで相手も心を開いてくれるものです

ブルー女性 

なので、あまり神経質そうになってはマイナスです。
お調子者だと思われるくらいが、ちょうどいいと言えるでしょう。

どんなホメるテク二ックを使っても、受け入れてもらえないこともあります。
だからといって、人間関係そのものに対してビクビクする必要はありません。
どんな努力をしても、受け入れられないなら、スッパリ諦めるのが懸命です。

とくに、この人とは付き合いが長くなりそうだと思わない場合
せめて挨拶だけはするような関係を続けていけばよいのです

どんなに「ホメ上手」と言われてもいても、すべての人に好かれているとは限りません。
顔が苦手、声がキライとか、ホメ方が足りないとか不満を感じる人も多いものです。
ホメなれていないのに、無理にホメると逆効果になることもあります。

まずはホメ言葉の変わりに挨拶でも十分なのです。
挨拶を自分からすることで、「あなたを尊敬しています」「あなたを忘れていませんよ」。
あなたを大切に思っています」という気持ちを伝えることができます。

つまり、ホメ言葉を使うのと、同じ効果を上げられるのです。
ただし挨拶は「自分」からでないと意味がありません
率先して挨拶する」ということが重要です。

BL001-nankainiikimasuka20140810_TP_V

それだけで、その日の人との触れ合いを心地よくできるのです。
上手に会話のきっかけを作れない、相手を盛り上げることが出来ない。
このような悩み抱いてるチャットレディさんは、ぜひ参考にしてみてください♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム