「一言」の大切さ♪


好かれる一言、怒らせる一言

誰にでも、苦手な相手の一人や二人はいるでしょう。
すべての人と仲良くすることは不可能です。
人には個性があるので、ソリが合わない人というのは出てきて当然です。

たとえば、ふだんあまり仲のよくない二人がいたとします。
片方の女性が体調が悪く、もう一人の女性に「具合が悪い」と言いました。
言われた方は「本当に具合が悪いの?」と疑ってかかり、スルーする場合があります。

ところが、もし二人が気が合う関係の場合。
同じように「体調が悪い」と言ったら、「大丈夫?どんなふうに体調が悪い?」。
と、健康状態を心配してくれるでしょう。

共通の友達とワイワイ騒いでる席でのこと。
気の合わない人に、「今日の○○さんて、いつもより気合いいれてない?」。
と、言ったとします。

仲の良い友達に言われたら「え~いつもは気合い入れてるよ~」。
と、笑って終わるかもしれません。

逆に、仲のよくない友達に言われたら、バカにされたと思うかもしれません。
そして、もっと険悪になるかもしれません。

同じ言葉であっても相手との関係によって、受け取られ方が違ってくるということです
ほかにも、親切のつもりでしてあげたことが、余計なことと思われることもあります。
遠慮で断ったのに相手の気持ちを害してしまったという経験もあるはずです。

人が発した言葉に対する解釈は、相手によって様々です
友達同士で言い合っているジョークを、別の知り合いにしても通じるとは限りません。

SAYA072155409_TP_V

人間関係というのは、たくさんの誤解から成り立っているといえます。
ちょっとした誤解が元で、大きなトラブルに発展してしまうことも多々あるのです。

「口が悪いだけで、気持ちはやさしい人」と、いうほめ言葉もあります。
しかし、口が悪いというだけで、損をすることも数多くあります

どんなに口べたな人でも、言葉づかいに注意することはできるはずです。
たとえば、友人が疲れているのを見て「覇気がないね」。
と、言うのは、相手を傷つけることになりかねません。

友人は本当に病気なのかもしれないし、心配事があるのかもしれないのです。
こんなときは「最近、元気ないね?」と相手に尋ねてみると、「体調が悪くて」。
「元気だよ、少し寝不足だけど」などと相手のほうから原因を教えてくれるかもしれません。
0I9A6766ISUMI_TP_V

こういった聞き方のほうが、相手も心を開きやすいものです
「気づかってくれているんだ」と思って、より深い関係が築けるのではないでしょうか。
ですから、相手を挑発するような言葉や、攻撃的な発言はなるべく避けるようにしましょう。

それでも、親しい間柄に甘えて、相手を傷つける発言をしてしまった。
そんなときは、素直に謝ればいいのです

チャットレディのお仕事で親しくなった会員様がいるかもしれません。
楽しく会話をしているときこそ、油断が生まれます。
どんな時も、相手はお客様ということを忘れずに接しましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム