「ひと呼吸」の会話を心がけよう♪


表現下手を克服するには?

自分の意見が上手に伝えられないと悩んでいる人は多いものです。
言いたいこと伝えたいことだけを言っても、人の心には響きません。

コミュニケーションは常に相手があってこそのものです。
だから、気持ち良く意思の疎通ができるようなテクニックが必要です

一番大切なことは、自分の話を聞いてほしいなら、人の話をまずよく聞くこと
相手に心を開いてもらうことで、こちらの気持ちも伝えやすくなります。

感情のままに発言せず、ひと呼吸おいて、よく考えて話すことが大切です。
これで客観的に、物事を理性に落とし込められ、自己中心的な表現が避けられます。
同時に言い方のバリエーションも豊富にしましょう

常にアンテナを巡らせ、テレビや本などから、使えるキーワードを探す。
表現力を豊かにすれば、相手の心に通じる言葉を使えるようになります
また、言葉だけでなく、表情やしぐさもコミュニケーションでは効果的です

特に男性は、第一印象を忘れないものです。
最初の印象は、その人の真実の姿でもあります。
だからこそ、常に身ぎれいに、好印象を持たれる姿を意識しておきましょう

SAYA151005368760_TP_V

自分のペースを守って話をする

東京の人が北海道に来てレンタカーを借りると、多くの人がスピード違反を犯すそうです。
本人たちに猛スピードを出した意識はありません。

信号の少ない、広大な大地の一本道。
走っていると、自分がどれくらいのスピードを出しているのか、わからなくなるようです。
この話と会話との関連性とは?

それは会話における「スピード違反」です
よく話しているうちにどんどん感情を高ぶらせ、激高していく人がいます。

そこであなたが相手のペースに合わせてしゃべっていたのでは、会話のスピード違反を招きます。
興奮しがちな人、感情を高ぶらせて早口でまくしたてる人。
そんな人と接するときほど、「会話の制限速度」を守らなければなりません。

自分のペースを守り、相手のペースに乗らないこと
それは、自分の感情をコントロールする上でも非常に大切な習慣になります

そうした落ち着きがあってこそ、周囲から信頼をもたれます
売り言葉に買い言葉という感情的な会話は、絶対NGです。
だからこそ、自分が発する言葉の前に、ひと呼吸の時間が必要なのです。

新社会人になられるチャットレディさんもいらっしゃると思います。
ここでの、会話法や接客法が、これからのお仕事に役立って頂ければ嬉しい限りです。

どんなお仕事も、相手が存在してのものです。
これまでの体験を活かして、希望の社会に飛び込んでください♪
YUKA150922390I9A6885_TP_V


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム