反感を持たれてしまった時の対処法はこれで安心!


チャットレディのお仕事で、会話はとても重要なのはもうおわかりだと思います。
色々なお客さんがいますので、チャット中の会話の中で、仲良くなればなるほど、楽しく弾む時もあれば逆に反感を持たれてしまう場合も出てきます。

「どうしよう、反感を持たれてしまった・・・」
「反感をもってる人と会話を弾ませるのは難しいのでは?」
と思うかもしれません。

実は、それは全く問題ないことなのです。

「え?それはマズイでしょう・・・反感を持ってるお客さんと会話を盛り上げるなんて・・・」
そう、思うのが普通ですよね。

でも、ちょっと待ってください。
「反感」を持たれたからといって、そこで会話を弾ませることを諦めないでください。
その時は、むしろチャンスなのです!

振り子をイメージしてみましょう

振り子は、片方に大きく(強く)振れた場合、もう片方に戻る時も大きく(強く)振れますよね。

どういうことかと言うと、「強い反感」を持つお客さんは、「強い共感」も持ちやすいお客さんなのです。

逆に、会話を弾ませるのに一番やっかいなお客さんは、「無感情な人」です。
要は、気持ちの振り幅が少ない人です。

なので、「反感」を持ってくれたということは、そのお客さんが自分の言葉に「気持ち」を反応させてくれたというわけです。
だったら、その気持の動きを「共感」の方向に変えることにチャレンジする価値はあります。

では、どうやって反感から共感に持っていくのかということですが、まずはお客様の反感を受け止める必要があります。

いきなり「共感」へは持っていけません。
その前に是非、お客さんの「反感」を受け止めましょう。

「反感を受け止めるって、どうやってやるの?」という疑問にお答えしましょう。
それはその「反感」に対して「共感」をするのです。

具体的には「言葉で共感」をするのです。

「なるほど、その考えはわかります」

「確かにそういう部分は私にもあります」

このようにお客様に、反感に共感を示す言葉をしっかり使っていきましょう。
そうすればお客様は相手から共感を示されたわけですから、今までの反感はある程度中和されるというわけです。

ピンチはチャンス!

あとはじっくり、お客様の気持ちに耳を傾けながら「共感点」を探していきましょう。
最後には大きな共感が生まれる可能性十分にありますので、ここまで来たらもう安心です。

  • 反感を持たれてしまったらまずは言葉で共感!
    そこから新しい共感が生まれる可能性大!

一度反感を持たれても、それは「チャンス」だと思って、決してめげないで会話してみてくださいね。
ピンチは、チャンス、「反感」もチャンスです!


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム