上手く「話の腰を折る」方法


チャットレディのお仕事中に今までお客さんとお話をしていて、「気まずい沈黙」が出来て会話が途切れてしまった。
という経験があった方は少なからずいると思います。

「気まずい沈黙」が出来てしまうと自分も相手も「会話」に疲れてしまい、「共感」で気持ちがつながる事もなくなってしまいます。
ではその「気まずい沈黙」が出来て途切れる場合はどんな場合でしょう。

よくあるのが、相手がおしゃべりで「会話が長い人」の場合です。

おしゃべりの方が、こっちは話さなくて良いから楽でいいじゃない。と思うかもしれませんが、
相手と自分が共通して興味がある話であれば良いのですが、興味を持てない話をずっと聞き続ける事は大変苦痛な事です。

そこで大事になってくるのがこちらです。

  • 「防御」として相手の話の腰を折る事

ただ、へたに相手の話の腰を折ると「気まずい沈黙」が出来てしまいます。それはそれで疲れますし、そうかといってずっと聞いてるのはもっと疲れます。

そこで「気まずい沈黙を生まない」そして会話が途切れないための「上手な話の腰の折り方」を伝えます。

聞き方の基本は「相槌を打つ」

他にも「さすが」「なるほど」などの「合いの手」も基本です。

ですが、相手が「話の長い人」ですと火に油を注ぐ事になりかねません。更に言葉のシャワーを浴びせてくる可能性があります。

そこで魔法の言葉があります。
それは、、、

  • 「あれ??」

これはどんな話し手も無視出来ない魔法の言葉です。
想像してみて下さい。

あなたが話していて急に相手が「あれ??」と言ったら、気になりますよね。
そこで一度は話す事をやめて「どうした??」と尋ねるはずです。

相手の話が止まったら、急に相手の話を強制終了させると「気まずく」なるかもしれません。
そこで「あれ??」のあとに、まず相手の話の続きを少しします。

1:「あれ??」
2:今のお話、さすがだなと思ったのですけど
3:あ!!その話で思い出しましたよ

こんな感じで自分の話に持っていきます。
また相手の話になってしまったら、何度も「あれ??」を言う必要はありません。

2回目以降は「表情」だけでも大丈夫

もしくは「あ!」でもOKです。
これだと何度も使えて便利です。

この「話の腰の折り方」が出来れば、大抵の「話の長い人」から「会話」の主導権を取り戻せます。
是非覚えておいてください。

もちろん、あなたがどんなに「会話」に自信があっても基本的に相手の「話の腰を折る」のはよくありません。
あくまで相手が「話の長い人」の場合のテクニックになります。

相手の話も聞きつつ「話の腰を折り」自分の話も出来れば更に1人当たりのチャット時間も伸びお給料アップも見込めるでしょう!!


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム