話し上手♪聞き上手♪


空白をうずめる努力、してますか?

話題が途切れて、一瞬なんともいえない空気が流れることがあります。
話のつぎ穂に戸惑っているときは、いいようのない息苦しさを感じてしまいます。

しゃべっているときは、それなりの話の秩序が成り立っています。
しかし、話が途切れて、それがなくなってリズムがくずれてしまう。
それに適応するまでのちょっとした心の葛藤があります。

会話というのは、話し合いで、あるひとつの問題の解決案を求めているのではありません。
途切れたら、話題を自由に変えていくことができるわけです。

「ところでね」「実は...」「別のことですけど」「さっきのことですが」。
このように転換のことばを入れて話題を変えていく。
これだけで、行き詰った話に活力がよみがえってくるということになります。

☆親しみをこめ熱心に、積極的に☆

話はよく聞かないと、正しい対応が出来ません。
また、自分の興味を具体的に示すことによって、話し手の方にも張り合いがでます

話に熱が入ると、頭の回転が速くなり、妙に話しやすくなるものです。
そのような意味で、協力的に聞くことは大事なことです。

聞くときは相手の目を見て聞く。
話しては自分の話をちゃんと聞いてくれていると思います。

目を見るといっても、にらみつけるのではなく、目を中心に、顔全体を優しく見る。
つまり、「包むように見る」という意識をもてればよいと思います。
目と目をつなぐアイコンタクトは、話し手、聞き手両方の立場から重要な意味を持ちます

表情もまた、聞き方のポイントになります
しかし、無表情でなんの反応も示さない聞き手に話すときほど、むなしいことはありません。
明るく熱意を込めて聞くように努めましょう。

そして、相手が何を言おうとしているのか、なんのために話しているのか。
話の内容やその意図をつかむように、熱心に積極的に聞くことです

難しいことばや表現があれば、自分の言葉に翻訳しながら聞く。
すると理解がしやすくなり、真意をつかむことができます。
話は、話し手、聞き手の比重が50パーセント、50パーセントの、共同作業です。

☆相づちをうって聞く☆

相づちは話の潤滑油です
これがないと、話はスムーズに流れません。
しかし、相づちのうち方が悪いと、砂の混じった機械を動かすようなものです。

相づちは、で、表情で、態度で、そして、言葉で、ということになります。
ことばによる相づちは、話の内容と合ったものでないと、潤滑油の役目は果たせません。

「なるほど、なるほど」「えっ!何か言いました?」
などとなるのは、聞いているふりをしていただけということになります。

同意.同情.喜び.反対.疑問.ためらい.さそい.話題転換など、相づちには色々あります。
その時の話にぴったり当てはまっていれば、話を弾ませる潤滑油の働きを十分果たします。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム