「話したいテーマ」を察知する♪


心のドアを開く言葉♪

プレゼントとなるような言葉について考えてみたいと思います。
基本となるのは、やはり「ほめ言葉」でしょう。

相手の長所をいち早く発見して、素直にほめる。
長所のない人など、この世にいません。

もしも相手の短所ばかりが目につくのなら、それは相手が悪いのではありません
自分の心に問題があるのだと思ってください
おそらくはその人に対するイメージが邪魔をして、長所を隠しているだけです。

ここでは、会話ならではのプレゼントについて考えてみましょう。
私達は、心の中にいつも「話をしたい」という欲求を抱えています

話をすることとは、自分という人間を理解してもらうことです。
つらいとき、苦しいときほど「この気持ちをわかってほしい」と思うものです。
嬉しいとき、幸せなときも、その気持ちを言葉にして誰かに語りたくなります。

自分のことばかり話す人は、その欲求を抑えきれません。
ですから、つい相手の気持ちを忘れて自分の話ばかりをしてしまうのです。

「話したい」欲求を持つ私達ちにとって、最大のプレゼントとなる言葉とは何でしょう?
答えは簡単です。
心のドアを開いてあげる言葉」です。

161103195058DSCF7129_TP_V

つまり、相手が「話したい」と思っている話題を察してあげる。
それが「話すきっかけを与える言葉、そのドアを開いてあげる言葉になります。
簡単な例で説明しましょう。

あなたが髪を切ったとします。
しかも有名なヘアサロンに行って、好きな女優のようなヘアスタイルにしてもらいました。

翌日、お友達やボーイフレンドと会ったあなたは、やはり髪のことが気になります。
このヘアスタイルをほめてもらいたい、と思うでしょう。
できればヘアサロンの話もしたいはずです。

こんなとき、お友達が「髪切ったのね?すごく似合ってる!ねぇ、どこで切ったの?」
こう聞いてくれたら、そんなに嬉しい言葉はないでしょう。
心のドアをオープンにして、気持ちよく髪型とサロンの話をすることができます。

ところが、このときに髪のことには一切触れなかった。
逆に指輪やネックレスのことをほめられても、さほど嬉しくはありません。
YUKA20160818360316-thumb-autox1600-25837

あなたの「話したい」という心のドアをノックしてくれないのです。
こうした、相手の「話したいテーマ」を見つけるのは、それほど難しいものはありません。
人は必ず「この話をしたい」というサインを出しています

表情や何気ないしぐさ、そして他愛のない会話
その中にたくさんの「気づいて!」というサインを出しているはずです

あなたが相手にちゃんと関心を持つことです。
「この人のことをもっと知りたい」という好奇心を持つ。
そして、誠心誠意向かい合っていれば、きっと簡単に見つけられるでしょう

また、落ち込んだ相手を前にしたとき、失恋などで傷ついた友達を前にしたとき。
どんな慰めの言葉より大切なのが、「話を聞いてあげること」になります。

ここでなすべきなのはただ、相手が話しやすい雰囲気をつくることです
そして、話の「きっかけ」となる言葉を口にすることです。

青女性 
余計な言葉は必要ありません
また、同情することも禁物です

同情するのではなく、ただ相手に「共感」し、温かく話を聞いてあげましょう
それだけで、あなたの大切な人は十分に癒されるのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム