「肌」を知り労わる♪


まずは肌はその日によって変化することを知る

肌色は毎日変わります。
明るい日もあれば、どんよりくすんだ日もあります。
その差を決めているのは、水分量と角質の状態です。

肌表面に古い角質がたまっていない状態
そうであるならば、肌色はその肌が描く最高の明度を示すはずです。

自分の肌色を左右する原因をつきとめる

粘土系のどんより肌には、ともかく保湿
透明度ゼロ、色と質感といい、まるで肌が粘土みたい...。

そういうくすみ方の原因は極度の水分不足です。
古い角質が固まった結果とも考えられます。

粘土のように内側から硬そうな肌は、もともとオイリー気味です。
肌表面がカサつくなどの症状はあまりないものです。

単なる保湿ではなく、高機能保湿でバリア強化で細胞活性で潤う力。
そして、とどめる力の両方を高めるひとつ上のお手入れをしましょう。

黄色い肌、青黒い肌には、血行ケア
年齢を重ねて肌が黄ばむのは、たんぱく質が糖と結びついて固く黄ばむ「糖化」のせい。
一方、赤みがなく、黄みや青みにころんでいくくすみは、血行不良の場合も考えましょう。

血行を高めることは、新陳代謝そのものを高めてくれます。
あらゆるトラブルに幅広く届くはずなので、ともかく血行を重視しましょう。
スキンケアで根本の解決は難しいので、日々のマッサージが効果的です。

AI_IMG_7772-thumb-815xauto-17759

うす焼け色ムラにはもちろん美白
ほんの少し外にいただけで肌がなんとなく黒っぽくなったという経験があるはずです。
UVはちゃんとしていたのに、なんで?

その日のうちに肌がうす焼けする原因は、シミの原因となるUVAです。
日焼けによる肌色のくすみはもちろん美白を続けるのがいちばん。
うす焼けの原因にも働きかける幅広い美白を心がけましょう。

すすけた肌色には角質ケア
肌に一枚、雲がかかったようなよどみとツヤも透明感もない肌。
これは、余分な古い角質が肌にたまるためのくすみです。
生理前の女性におきやすいものです。

角質ケアをすれば、たちまち肌色も戻るはずですが、潤いもきちんと与えましょう。
週に1~2度はお手入れに時間をつくりましょう。
顔だけではなく、肌が硬くなりやすい口のまわりなども忘れずに。

たるみが原因のくすみもある

白いシーツもピンと張っていれば白さが映えます。
シワシワだとそ白さもすすけて見えます。
同様にハリがあれば肌は明るい

リフトケアも肌色ケアの大切なお手入れです。
それ以前に、手入れをサボりがちな人は肌がくすんでいるように、くすみの根源は水分不足
水分があれば肌は抜けがよくなり、透明な明るい肌になると考えましょう。

ASE_061-thumb-autox600-18144

リフトケアも根気がいるし、肌が明るくなるほどの保湿がどの程度のものなのか?
と、考えているならば、高級クリームをひとつでも購入して贅沢ケアのひと時を過ごしてみては。
それだけでも、肌と心のリフレッシュになるのではなるはずです。

きめ細かな肌」「白い肌」「ハリのある肌」...etc。
メイクを引き立てる「」こそが、全てであることを知った女性たち。
その美しさはどこまで輝くのでしょうか♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム