「ギャップ」を活かしてこそ魅力的♪


イメージを上手に崩してみる♪

外見から判断した最初のイメージと同じ印象を与えることは、相手に安心感を抱かせます。
でも、チラリと違う一面を見せることで、相手はときめき、あなたにひかれていきます

「単にしっかりしてるだけの人じゃないんだ」。
「単にMキャラの人じゃないんだ」。

このように、相手があなたに思い描いていたイメージをほんの少し崩す
これは、あなたに唯一無二の魅力を与えてくれます。
YUKAPAKU3215_TP_V

「ギャップ」は、どのくらい出すのが正解?

たとえば、普段は何もしていなそうな女性が、料理が上手。
また、学歴にはほど遠そうな女性が、英語が堪能。
これは、一般的なギャップであっても活かしきることに意味があります

自分には、意外性はなくこのままの自分が全てと思っている女性も少なくないかもしれません。
また、自分から、こんな意外性があると披露する場もないかもしれません。
kawamura20160818270615_TP_V

普段見せないからこそ、そういう一面を垣間見てしまった人たちは、ハマってしまいます
ただし、意外性を出す際にはポイントがあります
それはどのくらいの頻度で出していけばいいのでしょうか。

頻繁に出しすぎると、ギャップというよりも情緒不安定にとられかねません
そして、あまり出さなさ過ぎても印象に残りません。
ベストなのは、10%!です。

それが相手をドキドキさせられる最高のバランスです
あくまでも、日常におけるスパイスとしてとらえてください

Sの人なら、たまには泣いたり、甘えてみたり、弱い部分を見せてみる。
弱っているとき「今日は気持ちが弱ってるんだ...」と正直に言ってみる。

Mの人なら、たまにはちゃんと怒ってみたり、断ったり、意志の強さを見せてみる。
「いつも私に頼らないで、自分で解決しないとね」。
「今日は帰ります」などとハッキリ言ってみる。

つまり、素直な自分がスパイスになるのです
このように、10%の頻度で素直な自分を見せていくことです。
すると、魅力が倍増し、目が離せなくなるのです

意外性を上手に使うテクニック♪

フワフワとした雰囲気が魅力的な女性はたくさんいると思います。
そして、あまり怒るイメージがないと思われがちです。
言いたいことがあっても、イメージを損ねないようにと、こらえることもあるかもしれません。
kawamura20160818403614_tp_v

そういう女性は「」を使えばいいのです。
正面切って、「違うでしょう!」などと怒ってしまうと波風を立ててしまったりします。

だから、あえて穏やかに、小首をかしげて言ってみましょう
「まじめにやってくださーい」「それは違うと思いますけど?」。
すると、相手も「あれー、○○さんに怒られちゃった」と言いながら主張を受け入れます。

上手にギアチェンジをすることで、自分の魅力を壊さずアップさせることができるのです
チャットレディさんも、自分の意外性を上手に活用し魅力を活かしましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム