永遠に「現役女性」で...♪


いつまでも「現役感」をキープする♪

「男性は若い女性にしか興味がない」とこぼす女性がいます。
確かに、それは間違いとは言えません。

出会いの場に来る男性が見ているのはどこでしょう?
「若いか、若くないか」ではなく「現役か現役じゃないか」ということです

現役とは「ごくふつうの男性と恋愛する気がある」という前向きの意思の表れ。
出会い、デート、恋愛、という競技の一線から退いていない雰囲気のことです。
こうした現役感は色気にも通じます

%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89

既婚者でも「恋愛を求めてます」サインが出ていると、色っぽいものです。
ですから恋愛にやる気のある「現役女性」は実年齢に関係なく恋愛対象に見られます。

逆に腰の引けた「引退女性」は、どれだけ若くても「そそられない」と敬遠されます。
ついやってしまいがちな「引退女性」的な行動を挙げてみましょう。

①「おばさん」ぶる
謙虚さをアピールするために、必要以上に「おばさん」ぶる女性がいます。
これはNGです。

これをされると男性は「なーんだ、この人は現役じゃないんだな」
「僕たちとふつうの恋愛をする気はないんだ」と思ってしまいます。

最近年だから、あちこち痛くて
テレビに出てる子たちが、若くてかわいくてしかたないの
あー、やっぱり私たちと世代が違うな~

こうした発言はたとえ冗談で発した言葉かもしれません。
しかし、男性からすると「そんなことないでしょう」
とフォローするのもめんどうで、どうしていいか反応に困るのです。

久しぶりアピール
こういう話って久しぶりで
男性なんてしばらくごぶさたで
どんな話をしたらいいのか忘れちゃった

というのも文字通り現役感が欠けていて、よくありません。
本当だとしても言わないようにしましょう。

「ほら、他のチャットレディさんたちかわいいでしょ?」
と、他の女性陣を売り込むのも一歩引いていて感じが悪いものになります。

ピントハズレの上品さ
物腰やファッションが上品すぎる女性に、引退感を感じてしまう男性は多いようです。
その象徴が和服です。
最近ではほとんど見かけないものです。

しかし、「洋服ではなく着物に関心が移っている」ということを告げてしまった。
それだけで、なぜかユニフォームを脱いだという雰囲気が出てしまうのです。

言葉でも「殿方」などの古風な言葉使う女性がいます。
これも男性からすると「ん?」の対象になります。

語尾に「○○かしら」「○○だわ」などをつけることも多いと思います。
それも、しとやかさより古めかしさが目立ってしまうので気をつけましょう。

決して若ぶる必要はありませんし、若い女性と張り合う姿勢もいりません
必要なのは「初めまして、私はいい出会いを求めています」というプレーンなスタンス
%e3%83%8f%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%bc

どうせ」というひねくれた気持ち。
恥ずかしい」というさめた気持ち。
このような姿勢では、なかなか男性との出会いはうまくいきません。

若い子にはない魅力はたくさんあります。
逃げ腰しになることなく、堂々と「現役女性」で挑みましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム