「ファッション」で変わってみる♪


 

なりたい自分に見せるワザ

いよいよ!女性たちに待ちに待った♪ファッションセンスが際立つ季節到来!
それと共に露出部分も増え、ダイエットを真剣に考える季節でもあります。
一年中、真剣に考えてるわけですが....。

ダイエットが成功するまでの間、少しだけのお役立ち情報です。
痩せる事で、何を着てもキマると思いますが、ハリ艶がなくしたら意味がありません。
過激なダイエットは避けましょう。

とはいえ、今回はダイエットに付いての話題ではなく、痩せて見える洋服選びに付いてです。

着痩せして見える人はどこが違う?

全体のシルエットがなめらかでスマート♪

洋服を見ると、実際よりもスリムに見える人を着やせする人といいます。
私たちは、他人の姿形を部分ではなく、体全体から受かる印象でとらえています。
着やせする人は、実際は太いところがあっても、全体のシルエットがスマートなのです。

そのためには、全身が映る鏡が必需品。
鏡に映すときには、できれば靴を履き、少し遠めに引いて見ましょう。
体のラインが出っ張りすぎず、なめらかに見えるような形や配色を考えます。

そして、立体感を調整してバランスをとりましょう。
ここで、自分の体の美しい部分を強調することがポイント。
目を引きつける場所を明確にすると、見る人はスマートかつメリハリあるボディと記憶します。

ぽっちゃりさんもすっきり見せるテクは?その1

縦縞よ横縞の方が痩せて見えることがある♪

ボーダー柄には、ボディをすっきり見せる効用があります。
目の錯覚によるもので、細いタテ縞は、かえって横の広がりがわかって、逆効果の場合があります。
そんな時は、幅の狭い横のストライプを選んでみましょう。

ぽっちゃりさんもすっきり見せるテクは?その2

同系色のグラデーションで♪
クール系、ウォーム系など、全身を同じようなカラーでまとめると、全体のバランスが取れます。
スーツは背を高く見せる効果がありますが、これは色の統一が全身を縦長に見せるため。
トップとボトム、靴を同系色で揃えることで一体感が生まれ、体系もスリムなイメージにます。

下半身をスリムに見せるには?

肩周りに重点をおいたスタイルを♪

なで肩で下半身が貧弱、そして、下半身が短く太いのが日本人の典型的体系。
これをカバーするには、上半身に適度なボリュームを持たせることです。

特に、肩まわりに適度の張りをもたせたファッションが効果的です。
バランスの対比で下半身が見える上に、シャツでもニットでも着映えがします。
また、肩幅の対比で、顔を小さく見せるメリットも見逃せません。

スッキリ小顔に見せるには?

シャープな首周りを作る♪
キュートで全身のプロポーションをバランスよく見せる小顔。
最近のファッションでは、顔をスッキリ見せることは必須条件です。
ポイントは首周り、ブラウスの襟もとやヘアースタイルでシャープな首周りを演出するのが効果的。

ふっくら丸顔を救うのは?

「シャツ出し」のマジックでOK

顔や首周りをシャープに見せたいのなら、どんな襟ぐりのデザインを選ぶか?が重要。
このとき選びたいのがVネックやほどよく開いたオープンシャツ。
逆に、丸顔をさらに強調するラウンドネックは避けたほうがいいでしょう。

意外なオススメはセーターからシャツの襟をさりげなくのぞかせる。
襟立てにすれば、よりファッショナブルにもなり、W効果が期待できます。

好きなファッションを身にまとうことが最善ですが、参考に」してください。
「痩せて見える」「小顔に見える」を頭に入れながらお洋服探しも楽しくなりますね♪
もちろん!お仕事の時は、セクシーさも重要なので、その点も頭の隅においてください。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム