自分への「エネルギー補給」しよう♪


「自分」をほめる習慣をつけよう♪

「人はけっこうほめられるんだけど、自分はなかなかほめられない」。
そういう人もいるかもしれません。

自分に自信がなかったり、自分に厳しかったり。
そうするとなかなか自分をほめられないものです。

けれど、人をほめる、というのは、突き詰めていえば、こういうことです。
人をほめられる自分をほめる」ということでもあるのです。

ほめればほめるほど、自分に自信がつきます。
ですから、もともと自分をほめているのです。
kawamura1030IMGL3913_TP_V

恥ずかしがらずに、自分をダイレクトにほめてみましょう。
ほめるコツは「どんな些細なことでもほめること!」です。

朝、目が覚めたら、「あっ、遅刻しないように目が覚めた。エライ!」。
職場に着いて、同僚に「おはようございます」と自分から挨拶できた。
「元気よく、気持ちよく挨拶できた。ステキ!」

仕事で成果を出したら「今日の自分いつもより素晴らしい!」...。
こんなの当たり前と思うかもしれません。
でも、それを一つずつ拾い上げて、心の中で自分に言ってあげましょう。

心の中の小さな自分=インナーチャイルド」が喜びます。
ほめられることをしたということで、自分の存在価値を実感でき、自信がつくのです。

「当たり前」だと思ったり、「まだまだ、ダメダメ」と、評価を認めないでいる。
するとインナーチャイルドはどんどん萎縮してしまいます。
baby

自信を失ってしまい、元気もなくなり、「やろう」という勇気も沸きません。
「照れくさい!」と思わずに、自分で自分をどんどんほめてあげましょう
それが、自分で自分をエネルギーチャージすることになるのです

「何か特別」なことだけほめるという行為。
それは「いつもの自分」を認めていないことになってしまいます。

日々生きているということは、「ない」を「ある」にしている、大切な積み重ねです
まずは自分のやったことをじゃんじゃん認めていきましょう。

また、失敗をしてしまい、「やっぱり、自分はダメだ...」。
こう落ち込んでしまうとき。
確かに、失敗したことは事実でしょう。

でも、自分は「そのことだけ」の人間ではないのです。
失敗はしたけれど、できることはした!よくやった!」。
こう捉えて、自分が「やれたこと」を認めてみましょう。
YUKA863_ok15185909-thumb-815xauto-18589

人からどんなに励まされても、「自分で自分を認める」ことができない
そうならば、その言葉は届いてこないものです

ダメなことがあったことを認めつつも、自分はそれだけじゃない。
良い面もあることを思い出し、そして、それも認めましょう
そうなれば、励ましの言葉を「うん、そうだ」と受け入れることができるはずです。

朝、メイクをしたら、鏡の前にむかいますよね。
その時に「お!今日もカワイイ。美人!」とほめてあげましょう。

kawamura1030IMGL3937_TP_V1
きっとピカピカの一日を始められますよ。
自分をほめると、エネルギーが満ちてきます
一日の始まりに、まずは自分をほめてチャットレディのお仕事に励みましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム