完璧な「笑顔」を手に入れよう♪


笑顔トレーニングのポイントは「目」♪

具体的に、笑顔をつくるときのポイントはどこにあると思いますか?
通常、わたしたちの笑顔をイメージしてみてください。

最初思いを浮かぶのは「口元」の笑いだと思います。
まるで切り分けたすいかのような、半月型の口元です。

実際、接客業の現場でも口元の筋肉「口角」を上げるトレーニングなどは、行われています。
しかし、意外と見落とされがちのが「目」です
yk0i9a6236_tp_v

☆自然なかたちで口角が上がること
☆ほお骨の上半分が持ち上がること
☆目が細くて目元に笑いじわが寄ること

口元だけの笑顔なら、誰にでもできます。
ところが、しっかりと「目」まで笑うとなると、それなりの意識づけが必要になってきます。

また、ここが重要なのですが「目」が笑っていない笑顔では幸せを感じることはできません。
それではどうすれば「目」とともに笑顔をつくれるのでしょうか。

まず鏡を取り出してください。
そして意識的に、目元の笑いじわをつくってみてください
笑おうとしたり、つくり笑いをするのではありません。

ただ、目元に笑いじわを作ることだけに集中するのです
すると、不思議なことに気がつくはずです。

目元も笑いじわをつくろうとすると、自然と口角があがります
そしてほお骨の筋肉も持ち上がり、知らないうちに「笑顔の3条件」を満たすのです
しかも、このときの口元の微笑みは、どこまでもナチュラルです

YUKA20160818555614-thumb-autox1600-25834
ずっとこの「目元の笑い」を続けていると、だんだん本当の笑いがこみ上げてきませんか?
理由もわからないまま楽しくなって、思わず吹き出しそうになりませんか?

これは、何も「鏡に向かって笑っている自分」が面白おかしく笑っているのではありません。
もっともダイレクトに、表情筋の動きがそのまま「快」を呼び起こしているのです

嘘をついてるのか本音でしゃべっているのか、相手の目を見ればすぐにわかる。
これは誰もが実感しているでしょう。
同様に、笑顔のポイントは「口」ではなく「目」なのです

すなわち「目は口ほどに笑う」のです。
これからは、目元を意識した笑顔を心がけるようにしましょう

みなさんの中に「今日は1回も鏡を見なかった」という人はいるでしょうか?
まず間違いなく、ゼロだと思います。
そこで、ぜひ次の言葉を憶えておいてください。

化粧の仕上げにベストスマイル!
特に「目」を意識した笑顔をつくって、鏡の中の自分に言いましょう。
うん、キレイ!「今日もバッチリ!」といった言葉を語り掛けましょう。

YUKA20160818015914_TP_V
ただメイクをして終わりではなく、「笑顔のメイク」を習慣にしましょう。
自分の顔に笑顔の感覚を憶えさせましょう。

それだけで、あなたの美人度はグッとアップします。
笑顔が印象的なチャットレディさんもステキですね♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム