「独自の魅力」を引き出す方法♪


自分を魅力的に演出する「勝負カラー」♪

人の視覚認識が、色.形.動きという順番で行われます。
色は、視覚に訴える要素が大きく、印象を左右する最も重要なポイントです

では、ここで質問です。
「好きな色」と「似合う色」は違うと思いますか?
答えは、違います。

「好きな色」は、みなさんの「心が求めている色」です。
「似合う色」は、みなさんの「外見をステキに魅せてくれる色」です
PAK85_kakomaretairoenpitu1278_TP_V

「好きな色」を日々の生活に取り入れ、色からパワーをもらうことは大切です。
ただし女子力をアップして、より自分自身を魅力的に見せる。
そういう意味では、「似合う色」を意識的に取り入れることをおすすめします

その人の個性(独自の魅力)を引き出し、美しく、ステキに魅せてくれる色
それを「パーソナルカラー」と言います

「似合う色」を身に付けると、さまざまなメリットがあります。
顔色が明るく見えたり、肌の透明感が増します
そしてシミ、そばかす、シワなどの肌トラブルが目立たなくなります

顔立ちを立体的に、小顔に見せてくれます。
結果的として若く垢抜けて見られるようになります。
PAK86_dryfftookesyou_TP_V

「パーソナルカラー」は大きく2種類に分けられます。
それは「ウォームタイプ」と「クールタイプ」の2つです。

「ウォームタイプ」は、黄みを帯びた肌や、オークル系.ベージュ系の肌の方です。
「クールタイプ」は、青みがかった陶器のような色白の肌。
そしてオリーブ系の血色のない肌、ピンク系の肌の方を指します。

黄=ウォームタイプ」「青=クールタイプ」の2分割。
そして「明るさ.柔らかさ=ソフト」「強さ.深み=ハード」。
このように色調の2分割が加算されます。

さらに、「スプリング」「サマー」「オータム」「ウィンター」の4タイプに分類されます。
こうしたパーソナルカラーを診断はプロの方に個人で受けることも可能です。
インターネット上で簡単に診断できるツールなども公開されています。

パーソナルカラーは一生変わらないので、一度自分のタイプを調べておくとよいでしょう。
後々まで使えるので便利です。

洋服はもちろん、メイク、ヘアカラー、アクセサリー、バッグや靴。
マニュキアの色まで活用できます。
「好きな色」だけでなく、「似合う色=パーソナルカラー」を取り入れましょう

2黄色い花
この一年決まりきった色で過ごしていませんでしたか?
ぜひこの機会に自分のカラー診断をしてみてはいかがでしょうか。
新しい自分を発見し、気持ちを新たにチャットレディのお仕事に励めるのではないでしょうか♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム