ときには「知性」は邪魔になる♪


知性をひけらかそうとしない

普段はほとんど本を読まないという人が意外に多いと思います。
理由としては、時間がない、興味が沸かない、内容が難しい...。
さまざまな理由があると思います。

とくに専門用語ばかりの本ではなおさらのことでしょう。
もちろん、目標のために目を通さなければいけないこともあります。
FBPAKU3308_TP_V

たとえば、経済評論家を例に考えてみましょう。
経済のしくみや、現在話題になっている経済問題について、難解な専門用語を駆使する。
それを語っていくことは、どんな評論家にもできます。

しかし、彼らの多くは「経済用語を使わずに」経済を語ることができません。
これでは、電子レンジがばいと料理できないコックさんのようなものです。
本物のコックさんなら、包丁1本とフライパンで、あらゆる料理が作れるでしょう。

同じように、もしも本物の経済評論家だったとします。
経済を「中学生にもわかる言葉」で語れる能力がなければなりません。
経済の本質さえ掴んでいれば、それは可能なはずです。

以上のことを踏まえて、こう考えることができます。
難しい言葉を使うから頭がいい、というのは間違いである
難しい言葉ばかり使う人ほど、実は真の理解ができていない

日頃、つい自分を知性的に見せようとして、難しい言葉を使っていませんか?
うろ覚えのカタカナや専門用語を、得意げに使っていませんか?
もしも身に覚えがあるとしたら、絶対やめましょう。

それはあなたの印象を悪くする効果があっても、知的な印象を与えることはありません。
特に、相手の知識が豊富であればあるほど、その背伸びは見破られてしまいます。
0I9A7044_TP_V

知性や教養は、自分が意識しなくとも会話の中で自然と出てくるものです
そして、いつも謙虚な態度をとっている人から感じられる知性
それこそが、本当の尊敬につながります

スキあらば、自分の知識をひけらかそうとする。
知識を見せつけることによって、尊敬を得ようとする。
これでは、討論することはできても、心を通い合わす会話はできません。

なぜなら、結局このタイプの人は「自分の話しかしない」からです。
知的に装おうとする人ほど、このワナに陥ります。

みなさんも、自分のこだわりが強い「得意分野」に話題が移ったとき。
そのときほど、気をつけるようにしましょう。

たとえ相手が自分と違う考えを口にしたり、あるいは明らかに事実と違うことを口にした
その話をさえぎってはいけません
相手の話を最後まで聞き、それからゆっくりと自分の意見を口にしていけばいいのです

smIMGL4099_TP_V
知性ということとは、また違うかもしれませんが、以下のことも似たような事です。
チャットレディさんもジェネレーションギャップを感じさせてしまう会話をしていませんか。
お客様の年齢もさまざまです。

例えば、言葉の使い方までも時短になっています。
さらにネット社会で生きる若い人たちには通用できるネット用語もたくさんあります。
まずはお客様の年齢層を把握し、普通に会話として成立する接客をしましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム