男心の「デリケートゾーン」を知る♪


男性が理解できない「女性のひと言」とは?

自分はいつも心がけていることを、他の男性がさらりとやってのける。
そんなときは、男性は立ち上がれません。

たとえば、食事代とか皆で行ったカラオケ代をいつも支払っている。
にもかかわらず、たった一度、違う男性が支払ったらひどく感動されている。
それを見た瞬間、いったい自分の今までは何だったのか、と腹が立ってきます。

また、自分が後輩のために仕事の世話を一生懸命やっていたとします。
そんなとき、「ある男性がリストラされた後輩の社員の就職を世話したんですって」。

「なかなかできないことですよね」。
と、美談でも語るようにうっとり遠くを眺めながらしゃべっている目の前の彼女。

そんなこと、何でもないのにと簡単にすまされないのです。
男性はあまり自分のやったことを語りたくないのです。
誰かが代わりにしゃべってくれるならいいのです。

しかし、自らの口で自分の成果をしゃべるのは苦手です。
自慢話をしているようで、どうもカッコよくないのです。

他の人がスゴイですね!!とほめてくれるのは、天にも昇る気分なのです
かといって、それで何かお礼がほしいわけではないのです。

ただ単にほめてくれるだけでいいのです
男性というのはそういうものなのです。

しかし、自分がそういうことをしてきたのに...。
しかも好きな女性にいろいろしてきたのに...。
たった一度別の男性がやったぐらいで、それをほめたたえられたらがっかりします。

pak86_atamawokakaerudansei20131223_tp_v

まるでこの自分が何もしていないように聞こえてくるのです。
たぶん、彼女もちょっと言ってみただけのことでしょう。

もちろん男性もそれくらいのことはわかります。
けれど、そのときはもう腹立たしさでいっぱいです。
そんなこと気にするなんて小さい人ねといわれても駄目なのです。

多くの男性がきっとこんな体験をしているはずです。
女性のひと言は、結講グサッと胸に突き刺さるのです。
なので、たったひと言、つけ加えればいいのです

「あの人、お金の払い方、とってもスマートよね。あなたみたいに」と。
それだけでいいのです
あなたみたいにね」...そんな簡単なひと言が、なかなか出ないことが多々あります。

男性の心理はわかりずらそうで、わかりやすいものです。
子供を扱う母性の心で接するのがほど良いのかもしれません。
paku150710540650_tp_v

デリケートな男心を察知してあげましょう。
下げてしまったかな?と思ったらすかさずホメの言葉が出る女性でいたいものです。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム