”電話美人”から学ぶこと!


「電話美人がいる会社は繁栄」する!

電話の応対が上手いかどうかで相手だけでなく、周囲にいる人達のあなたの印象が変わります。
電話の応対の上手な人はそれだけで、有能に見え何よりも「明るく社交的」な印象を与えます。
一方、電話の応対が下手な人は「電話もまともに受けられない」...。

まるで仕事が出来ないように受け取られ「暗い」というイメージで見られたり、何かと損です。
電話の対応は上手いほうが得なのです。

電話美人になるコツは電話を単なる機械とは思わない。
電話のベルは”幸せがやってくる合図、つまり”ハッピー.カム”だと思う事です。
実際、電話で思いがけない良い知らせを受けるということもよくありますね。

”ハッピー.カム”の音がしたら、受話器に手をかけ、同時にスーッと息を吸いましょう。
「ようこそ、お待ちしていました」というスイッチ.オンの表情に切り替えます。
すると、自然に相手を歓迎する時に発する明るい声が出ます。

電話の声が暗いと言われる人は、スイッチ.オンのタイミングを間違えているのでしょう。
受話器を手に取り、声を発する段階になってあわててスイッチ.オンは手遅れです。
声の切り替えが間に合わずため息交じりの暗い声になってしまいます。

電話の応対は受話器を取る前から始まりと意識して早めにスイッチ.オンするようにしましょう。
きっと、鈴の響くような明るい声が出るようになります。

電話は鏡と同じ、こちらの応対次第で、相手の態度は決まります。
そして、相手の対応が良ければ、こちらの対応もさらによくなります。
それを聞いてる周囲の人たちも気持ちがよくなり、どんどんいい方向に循環していきます。

電話を本当の”ハッピー.タイム”にするのは、あなたの応対次第です

電話の声で相手の印象を、イメージして想像しますよね。
優しい声なら「綺麗で若い人?」ドスのきいた声なら「強面の年配?」実際は真逆だったりします。
電話の声のイメージで損をしてる人は少なくないと思います。

電話の応対について触れたのは”ちょこ”では、顔を出さずにマイクでお話をする方も大歓迎です。
人見知りだったり、自分に自信がないという方でも「安心」「安全」に仕事が出来ます。

そんな方のために、電話応対の話題に触れてみました。
マイクを通してお話をすることは、”声”と”話し方”が勝負になります。
お客様に、心地よい時間を提供するためにも、この記事を参考にして頂きたいと思います。

お客様に声を掛けられて慌ててスイッチ.オンではなくお部屋に入ったら”オン”にして下さいね。
声美人」「会話美人」だけでも、十分な報酬が得られます。
もちろん、顔を出してるチャットレディさんも、こちらの記事を参考にしてくださ~い♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム