「出会い」の瞬間を大切に♪


最初の印象は「挨拶」次第?

人は、初対面の相手になるべく好印象を持ってもらおうとするものです。
そこで、髪型や服装、身だしなみに気をつけたりして、感じ良さを与えようとします。

髪や服装がきちんとしていれば、きちんとした人と評価されます。
逆に、髪はぼさばさ、しわだらけの服だとだらしない人だと思われてしまうからです。

しかし、いくらきちんとした服装だからといって、TPOを無視した格好。
または、態度が悪かったりすると、良い印象は持たれません。

それ以上に、好感を持てる挨拶ができるかどうかです。
これが好印象を持ってもらうための大切なポイント。

挨拶行動とは、「私はあなたに危害を加えません」というサインを相手に示すことです。
握手は単なる挨拶だけでなく、自分の手には何の武器を持っていないことを示します。
相手の信頼を得ようとする、武器解除の意味も含まれています。

日本式の挨拶は頭を下げるのが基本的パターン、現代人には挨拶をしない人も少なくありません。
相手の信頼を得ようとする意識が薄れてしまったのかもしれません。
出会いという大切な瞬間を逃しているとも言えるのではないでしょうか。

相手の美貌と温かい笑顔..どちらが得?

挨拶は国によって様々です。
しかし、国を問わず、もっとも多く行われてる行動があります。

それは「笑顔」です。
誰しも、初めて人に会う時は緊張します。
会った瞬間、相手が笑顔を見せてくれれば、自分は歓迎されているとホッとするものです。

人々に好まれるのは、明るい人、親しみを感じさせる人です。
明るく笑顔で挨拶する人は、日常の人間関係や仕事でも、よりスムーズにいくはずです。

第一印象は、相手の顔つきや体格、服装などもその要素に含まれています。
「明るい.暗い.」「温かい.冷たい」「親しみやすい.とっつきにくい」。
この様な、全体的なイメージも大切です。

美人だけどツンケンいている女性と、容姿は十人並みでも温かい笑顔を見せる女性。
男女問わず、後者に好感を持つはずです。
最初会ったときに好感を持った相手とは、また会いたいと思うものです

相手にそう思わせるためには、清潔感のある身だしなみに気配りをする
できるだけ明るいイメージを与える

笑顔で挨拶し、出会いを嬉しく感じていることを、言葉や表情や態度に表わす。
とにかく、笑顔で挨拶
これが、第一印象で相手に好感を持たれる基本です。

暗いイメージに見えてしまう人は、笑顔や話し方、服装を工夫してみましょう。
それだけでも、雰囲気が変わります。

人見知りの人やとっつきにくい感じを与えてしまう人。
そんな人は、事前に鏡の前で話し方や表情の練習をしておくことをおすすめします。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム